台北おすすめグルメ20選! 定番から穴場まで台北の美食を紹介します!




台湾では日本と違って外食が一般的。家で食べるより外で食べる方が当たり前なので街を歩くと飲食店の数が多いことに気付きます。しかも気軽に入ってサクッと食べる、といった安くて美味しい庶民的なお店がたくさんあるんですよ。

台湾グルメは朝ごはんからもう始まっています。出来立ての蛋餅、肉包、飯糰(台湾式おにぎり)などの朝食を買い求める人で朝から賑やか。そして昼には牛肉麺、滷肉飯、小籠包、水餃子など日本でもよく知られるお馴染みの台湾グルメ。夜には火鍋など鍋料理もいいですね。もちろんマンゴーかき氷やふわふわ食感の雪花冰をはじめとする見るからにカラフルで美味しそうなスイーツも外せません。

せっかく台湾に来たのならやっぱり台湾グルメを存分に楽しみたいですよね! 特に首都である台北は美味しいものが集まる美食の街。昔ながらの台湾グルメから流行を先取りした最新台湾グルメまで盛りだくさん。そこで今回はそんな台北グルメの中から厳選したおすすめの20軒を一気に紹介します!

正好鮮肉小籠湯包の「小籠湯包」

taipei_g_01
台湾グルメといえばやっぱり小籠包。台湾ならどの地域に行っても当たり前のように小籠包が売られています。もちろん台北にも美味しい小籠包がたくさん。さすが台湾の首都だけあって名の知れた大型店が集中しています。しかし高級感のある有名店の小籠包ももちろん美味しいのですが、小さな小吃店や豆漿店の小籠包もなかなか侮れませんし、何より値段が安いのが魅力です。

正好鮮肉小籠湯包は臨江街観光夜市付近の路地裏にある小籠包の専門店。宜蘭に本店がありこちらは支店にあたります。メニューは小籠包と酸辣湯の2つだけという潔さから味への自信が感じられますね。決して大きなお店ではありませんが地元台北の人達には評判の人気店です。食べるとスープが溢れ出る小籠包は、まずはタレを付けずにぜひ1口で! パクパクといくらでも食べれてしまう美味しさですよ。

 

【店舗情報】
住所:台北市大安區通化街57巷6號

営業時間:17:00~0:30
休日:

 

黑點雞肉の「雞肉」

taipei_g_02
台湾では鶏肉の料理もよく目にします。顔ほどもある巨大なサイズが話題の雞排(フライドチキン)やほぐした鶏肉をご飯にのせた雞排飯などはガイドブックでもお馴染みの台湾グルメですね。他にもいろんな料理がありますが、茹でた鶏肉をカットしただけというシンプルな料理も地元ではポピュラーな台湾小吃です。

黑點雞肉は台北駅裏の華亭街という通りにある小さなお店。外から見ると看板も何もなく店名すら分からないのにお客さんがたくさん・・・ というのは皆さんこのお店をよく知っている地元の人達なんでしょう。ということは当然その美味しさは保証付というわけですね。おすすめはもちろんシンプルに雞肉。 それに雞油をかけた雞油飯と一緒に食べればもう至福の時間です!

 

【店舗情報】
住所:台北市大同區華亭街2號

営業時間:7:00〜19:00
休日:

 

天天利美食坊の「滷肉飯」


台湾グルメと言えば滷肉飯を想像する人も結構いるのでは? 食堂に行くと白ご飯代わりにメニューに並んでいる庶民的なB級グルメ。地域によって微妙に味や呼び名に違いはありますが台湾ならどこへ行っても見かけます。とりわけ台北では美味しい滷肉飯が食べられるお店として知られる有名店がたくさんあります。

若者の街、西門町にある天天利美食坊も間違いなくその内の1つ。小さなお店ながら店内はお客さんでごった返して歩くこともままならないほどです。おすすめはもちろん滷肉飯。こちらの滷肉飯は八角の香りが控えめなので、あの独特の匂いが苦手な人でも大丈夫。そして忘れてはいけないのが目玉焼きのトッピング。半熟の黄身がトロ〜リと滷肉飯と合わさって、これが美味しくないわけありません!

 

【店舗情報】
住所:台南市中西區民族路二段136號

営業時間:11:30〜23:00
休日:

 

津津豆漿店の「蛋餅」

taipei_g_04
朝ごはんも台湾グルメの魅力の1つ。早朝に街を歩くと豆漿店をはじめ朝早くからオープンしている早餐店(朝ごはん専門店)がたくさんあります。一口に朝ごはんといってもいろんなメニューがあるのですが、中でもポピュラーなのが蛋餅。クレープのような生地を鉄板で焼いて卵やハムをトッピングした安くてお手軽なB級グルメです。

津津豆漿店は台北の大同区にある小さな豆漿店。こちらのお店の蛋餅がちょっと面白い。生地に卵とたっぷりのニラを挟んで油で揚げるという、言ってみれば揚げ蛋餅といった感じ。カリッと揚がった蛋餅は外がサクサク、中はもっちりとした食感で堪らない美味しさ。たっぷり入ったニラの香りがよく、卵が挟んであるので食べ応えもありますよ。

 

【店舗情報】
住所:台南市南區新建路21巷5號

営業時間:17:00〜0:00
休日:土曜、日曜

 

時寓。の「來金清燉牛肉麵」

taipei_g_05 
台湾の麺料理と言えば誰もがイメージするのが牛肉麺ではないでしょうか? こちらも代表的な台湾グルメですよね〜。どの街へ行っても牛肉麺のお店はよく見かけます。お店の数が多いだけに、どこの牛肉麺が美味しいかというグルメ談義も盛んで、人気のあるお店は台湾中にその名が知られています。特に台北では有名な老舗牛肉麺店が数多くあるのです。

そんな老舗の名店が多い中、敢えて新進気鋭の牛肉麺店を紹介。時寓。は中藥行(漢方など扱うお店)を思わせるカウンターが印象的なシックでレトロモダンな雰囲気のお店。一見するとちょっと高級なレストランのようですが牛肉麺をメインにしているお店です。そしてここの牛肉麺が絶品! おすすめは來金清燉牛肉麵。すっきりしたクリアなスープにコシのある麺、しっかり味の染みた牛肉のハーモニーが楽しめる逸品です。またちょっとハイグレードな滷味やカラスミなどサイドメニューもおすすめです。

 

【店舗情報】
住所:台北市中山區建國北路一段68號2樓

営業時間:水~金18:00〜22:00、土日12:00〜15:00、18:00〜21:00
休日:月曜、火曜、每月第二日曜

 

家蓁早餐店の「饅頭蛋加土雞肉」

taipei_g_06
外食が当たり前な台湾では朝ごはんも外で食べるのは一般的。台湾旅行に行ったら朝ごはんも楽しまなければもったいない! 早朝の台北の街を歩けば蛋餅、飯糰(台湾式おにぎり)、肉包、小籠包など魅力的な台湾グルメがいっぱいです。

家蓁早餐店は市民大道近くの大安路で営業する早餐店。このお店の特徴は土雞(地鶏)を使ったメニュー。蛋餅、饅頭、漢堡(ハンバーガー)、抓餅といった定番メニューのトッピングとして土雞を使っているのです。特におすすめは饅頭蛋加土雞肉。フカフカの饅頭に熱々のネギ入りの玉子焼き、そして厚みのあるジューシーな土雞肉が相性バッチリ、最高の朝食ですよ〜。

 

【店舗情報】
住所:台北市大安區大安路一段27號

営業時間:6:00〜14:30
休日:月曜

 

阜杭豆漿の「鹹豆漿」と「厚餅夾蛋」


もうわざわざ説明する必要もない台北を代表する超人気店の1つ、善導寺にある華山市場のフードコートで営業する阜杭豆漿。その圧倒的な人気は凄まじく、5時半オープンという早朝にも関わらず開店前から行列ができるほど。そして出勤時間帯になると市場のある建物を取り囲むように行列が続くという熱狂ぶりです。

ちょっと過剰な人気ではないかと首をかしげる人もいるかもしれませんが食べれば納得するはず。行列ができるのも頷けるというものです。おすすめは鹹豆漿厚餅夾蛋。間違いなくこれが阜杭豆漿のツートップです。ふるふるのおぼろ豆腐のような鹹豆漿は台湾に数ある豆漿店の中でもトップクラスの美味しさ。オリジナルの厚餅夾蛋は厚みのあるもっちりした焼餅にふっくらネギ入り卵焼きが最高の組み合わせ。初めて来たならこの2つを押さえれば間違いありません!

 

【店舗情報】
住所:台北市忠孝東路一段108號2樓(華山市場內)

営業時間:5:30〜12:30
休日:月曜

 

老麵店の「四醤麺」

taipei_g_08
漢方や乾物などを扱う問屋街として知られる迪化街。伝統的な建築様式の建物が立ち並ぶ通りはレトロでノスタルジックな雰囲気で観光客に人気のエリアです。近年迪化街はお洒落なカフェや雑貨店などが次々と登場し、一層注目が集まっています。

老麵店はその迪化街で70年の歴史を持つ老舗の麺料理店。地元の住民に親しまれるローカル感満載のお店です。おすすめはお店の代名詞的メニューで伝説とも言われる四醤麺。名前の由来ともなっている4種類の材料から作られる濃厚なタレが絶品! もっちりとコシのある乾麺に絡めて食べると最高です。また、店頭で指差しで注文できる滷味も必食です。

 

【店舗情報】
住所:台北市大同區迪化街二段215-8號

営業時間:8:00〜19:00
休日:日曜

 

萬華烏醋乾麵の「烏醋麵」


台湾にも麺料理はいろいろありますが、烏醋麵って聞いたことありますか? 烏醋っていうのは字を見ると酢のように思えますが、実はウスターソースのことなんです。つまりウスターソースの麺・・・ それって美味しいの? と思うかもれませんが、はっきり言ってこれが美味しいんです!

萬華烏醋乾麵は台北市と新北市の三重区を繋ぐ中興橋のたもとにある麺料理のお店。おすすめはもちろん烏醋麵(お店のメニューには乾麵と表記されています)。ウスターソースと言っても日本のものに比べてスパイス感が控えめで酸味がやや強い感じ。これを麺に絡めて食べるわけですが、しっかりコシのある麺にこの烏醋がよく合って意外にもツルッと食べれる美味しさ! あまり知られていませんがこれはぜひ1度食べて欲しい台湾グルメですね〜。

 

【店舗情報】
住所:台北市萬華區成都路187號

営業時間:6:30〜13:00
休日:月曜

 

空軍涼麵の「涼麵」

taipei_g_10
台湾の涼麺は面白い。日本の冷麺に見た目はそっくりなのですが、ポソポソとした麺の食感が特徴的。それに朝ごはんにも良く食べられるのも興味深いですね〜。

空軍涼麵というちょっと変わった名前のお店は市政府近くにある涼麺の専門店。看板メニューの涼麺はまず驚くのかそのボリューム。小サイズでもお皿に山盛りで1人にはじゅうぶん過ぎる量です。風味のよい濃厚なゴマダレとさっぱりした酢が合わさって絶妙の美味しさ。麺の質感からツルツルというよりパクパクと言った感じで食べれます。また涼麺のお店にはなぜか必ずと言っていいほど置いてある味噌湯(味噌汁)もおすすめ。空軍涼麵では卵と肉団子が入った三合一湯が美味しいですよ。

 

【店舗情報】
住所:台北市信義區基隆路一段101巷11號

営業時間:6:30〜14:30
休日:月曜

 

山文治の「文治 肉鬆起司蛋


意外かもしれませんが台湾では朝ごはんにサンドイッチやハンバーガーなどもよく食べるのです。「いや、それは日本でも同じでは・・・」と思うかもしれませんが、そうではないのです。昨日今日の話ではなく、もうずいぶん昔からそういった習慣があり朝早く街を歩くとサンドイッチやハンバーガーを売っている早餐店がたくさんあるんですよ。

すでに食文化レベルにまで達していると言ってもよいサンドイッチ。このように文化の下地がしっかりしてると新たな潮流が出てくるもので、いろんな創意工夫を凝らしたお店が誕生します。西門にある山文治もその1つでカフェのようなお洒落な店舗でオリジナルのサンドイッチを販売。特におすすめは「文治 肉鬆起司蛋」。パンに卵、チーズそして肉鬆(デンブ)を豪快に挟んだインパクトのあるビジュアル。肉鬆の甘じょっぱい味がうまくマッチした変わり種サンドイッチです。

 

【店舗情報】
住所:台北市萬華區西寧南路189號

営業時間:7:00〜14:30
休日:日曜

 

大福利排骨大王の「雞腿飯」


まだ台湾に行ったことがなくてあまりはっきりしたイメージを持ってなかった頃、台湾グルメといって漠然と頭に思い描いていたのが、ご飯にお肉がドーンとのったいわゆる肉のせご飯。映画だか雑誌だかで得た知識でしたが美味しいそうだな〜、食べてみたいな〜と思っていたものでした。

公館にある大福利排骨大王はそんな願いが叶うお店。店名の通り排骨(豚のスペアリブを揚げたもの)をご飯にのせた排骨飯が看板メニュー。しかし個人的におすすめなのは排骨飯よりも雞腿飯。カリッと揚がった鶏もも肉がご飯にのった、肉好きには堪らない1品です! この雞腿のスパイスの効いた味付けが最高なのです。皮はカリカリ、クリスピーで中はジューシー。もうご飯がすすむすすむ、ガツガツと食べたい台湾グルメです!

 

【店舗情報】
住所:台北市中正區羅斯福路三段286巷12號

営業時間:11:00〜20:30
休日:火曜

 

香港裕記燒臘の「鴨腿飯」


燒臘店というのは香港式のレストラン。よく店頭にローストしたお肉を吊るしたお店を見たことがありませんか? あれがそうです。あのツヤツヤと輝くこんがりキツネ色にローストされたお肉を見てるともう堪りませんよね〜、よだれが出そうです。これもぜひ味わいたい台湾グルメの1つです。

香港裕記燒臘は長春市場の近くにある燒臘店。お昼の開店時間を迎えると同時に行列ができる人気店です。ここでぜひ食べて欲しいのが鴨腿飯。鴨モモ肉のローストは表面の皮の部分がツヤツヤといい焼き加減で、もうこのビジュアルでやられてしまいます。噛むとギュッと歯ごたえがあって旨みがジュワっと口の中に広がる、鶏肉とはまた違った美味しさなんですよね〜。遅くなると売り切れになってしまうので狙うのであれば早めの時間帯を。

 

【店舗情報】
住所:台北市中山區龍江路170號

営業時間:11:00〜3:00、日曜11:00〜0:00
休日:

 

民生炒飯專賣店の「炒飯」

taipei_g_15
中華料理と言えば炒飯ですが台湾に来ると意外に炒飯だけというお店は少ないし、どこでも売ってるというわけでもない。中華料理屋さんと一括りにしがちな日本人にとってはちょっとしたカルチャーショックだったりします。話は逸れましたがやっぱり本場の炒飯は美味しいですね。台北の松山区にある民生炒飯專賣店は珍しく炒飯を専門に扱うお店。はっきり言ってボロボロのくたびれた店舗で営業している小さなお店なんですが、実は過去に「台湾で炒飯が1番美味しいお店はどこか」というネットランキングで何と1位に選ばれたという凄いお店なのです。その気になる炒飯なのですが、店主の見事な鍋振りによってお米がパラパラに仕上がって見た目ですでに美味しいそう。食べると納得、さすが1位に選ばれるだけのことはあります。いろんな種類の炒飯があるので食べ比べするのもいいですね。

 

【店舗情報】
住所:台北市松山區民生東路五段27巷

営業時間:11:00〜14:00、17:00〜20:00
休日:日曜

 

脆皮鮮奶甜甜圈の「脆皮鮮奶甜圈」


甜甜圈っていうのはドーナツのことです。台北駅裏に脆皮鮮奶甜甜圈という激ウマドーナツのお店があっていつも行列を作ってる、というウワサを以前聞いたことがあり「ドーナツがそんなに違うもんかな〜」と怪訝に思っていました。しかし実際行って食べてみると、これが確かに激ウマ! さっくりと歯触りがよくもっちもちの食感。たっぷり塗した砂糖のストレートな甘さの誘惑によって1つまた1つと手を延ばしてしまいます。いろんな種類がありますがやっぱり脆皮鮮奶甜圈が1番。これは絶対おすすめです!

 

【店舗情報】
住所:(台北分店)台北市大同區華陰街183號

営業時間:11:00〜19:30
休日:

 

菓實日の「紅龜」

taipei_g_16 
菓實日は台北市の萬華区にあるスイーツ店。若者が集まる繁華街やお洒落なエリアを避けて敢えて下町に、しかもアクセスの悪い場所に出店するという強気のお店。しかしそれは自分達の商品に絶対の自信を持ってるという裏付けがあるからこそ。確かにその通り菓實日のスイーツはどれもクオリティが高い。不便な場所ながらやって来るお客さんが絶えません。どのスイーツも美味しそうなのですが、ぜひ食べてもらいたいのが客家の伝統菓子「紅龜粿」をモチーフにして作られた紅龜。亀の甲羅を模したその姿がまず美しい。そしてさまざまな材料を組み合わせた複雑な味わい。味も見た目も素晴らしい極上のスイーツです。

 

【店舗情報】
住所:台北市萬華區德昌街10巷12號

営業時間:14:00〜20:00
休日:月曜

 

三角冰 冰品專賣店の「相思鐵奶冰」


スイーツ大好きの女の子2人組が始めた三角冰 冰品專賣店。MRT萬隆駅の近くというあまり観光客は立ち寄らないエリアにお店はあります。しかし2人の考えた独創的なオリジナルスイーツが大人気のお店なのです。手作りのパンナコッタを丸々1個トッピングしたかき氷が看板メニューで、そこへ更にタピオカをトッピングした珍珠奶奶冰、あずきをトッピングした雙拼奶奶冰、両方食べてみたいなら2つを合わせた雙拼奶奶冰などが最も人気のあるメニュー。鉄観音茶ミルクティーを使ったシロップのかき氷はほどよい甘さで、ミルクの味が濃厚なパンナコッタはこれだけで食べてもじゅうぶん美味しい。他にも豊富にメニューが揃っているので何回も通いたくなるお店です。

 

【店舗情報】
住所:台北市文山區羅斯福路五段170巷10號

営業時間:12:00〜22:00(売り切れになる可能性があるので早めに行くことをおすすめします)
休日:

 

甘記燒仙草の「仙草奶凍冰」

taipei_g_18
甘記燒仙草は寧夏夜市にある仙草ゼリーのお店。と言っても屋台ではなく実店舗なので日中から営業しています。マンゴーかき氷をはじめ雪花冰や豆花などいろんなスイーツを扱っていますが、やっぱりおすすめは仙草ゼリーの仙草奶凍冰。メインの仙草ゼリーに大紅豆(ウズラ豆)、芋圓(タロイモ団子)、地瓜圓(サツマイモ団子)などがトッピングされたボリュームある1品。プルプルの仙草ゼリー、大紅豆のホクホクとした食感、もちもちの芋圓と地瓜圓のほどよい甘さが渾然一体となった美味しさ。マンゴーかき氷のような派手さはありませんがその分飽きにくい昔ながらの台湾グルメ、台湾スイーツですね。

 

【店舗情報】
住所:台北市大同區寧夏路30-4號

営業時間:13:00〜1:00
休日:

 

六順豆花の「芋泥火山冰」


芋頭(タロイモ)の美味しさに気付いたあなたはもう台湾マニアの第1歩を踏み出しています。地味な見た目なので初めて台湾を訪れた観光客には見向きもされない・・・ まあ、確かに最初はマンゴーかき氷を食べたいですもんね。でもこの美味しさに気付くときっとハマってしまうこと間違いありません。

六順豆花は松山にある豆花店、といってもこのお店で大人気なのが芋泥火山冰。氷をドーナツのような形に盛って、真ん中の穴に各種トッピング、そして最後にタロイモのペーストをたっぷり流し込んで火山のように見立てたかき氷。このインパクトあるスイーツを求めてお客さんが続々とやって来ます。ほんのり甘い黒糖シロップのかき氷に濃厚な甘さのタロイモのコラボレーションがもう最高。トッピングは4種選べるのでタピオカや芋圓など食感のよいものがいいですね。

 

【店舗情報】
住所:台北市松山區新東街26巷1-1號1樓

営業時間:13:00〜22:30、日曜15:00〜22:30
休日:月曜

 

龍都冰果専業家の「八寶冰」


こちらもどちらかというと地味系のスイーツ。八寶冰というのは8種のトッピングがのったかき氷。トッピングは自分で選べる場合もありますが、あらかじめ決まっているケースが多いです。その場合のトッピングはだいたいあずきや緑豆といった豆類が主体になって茶色系の地味な見た目になります。でもこれが正解、甘味の強いトッピングなので美味しいのです。初心者が自分で選ぶと見た目のキレイなトッピングばかり選んで味があまり無い・・・ という失敗がよくあります。龍都冰果専業家は龍山寺近くにある老舗のスイーツ店。みんな大好きなマンゴーかき氷もありますがおすすめは八寶冰。あずき、タロイモ、ピーナッツ、緑豆といった地味ながらも自然な甘さが美味しいトッピング達をぜひ味わってください。

 

【店舗情報】
住所:台北市萬華區廣州街168號

営業時間:11:30〜1:00
休日:

 
 

台北のホテル情報

ロケーション重視で考える「台北で宿泊するならどのホテルがおすすめ?」

2018.02.16

おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク