台湾のクリスマスはどんな雰囲気? 新北クリスマスランド(新北市歡樂耶誕城)に行ってみた

2016122601_02
スポンサードリンク

日本では11月辺りから各地でイルミネーションやライトアップなどが実施されクリスマスの雰囲気を盛り上げてくれますね。台湾ではどうなのでしょう? 台湾でも日本と同様にイルミネーションやクリスマスのイベントが実施されて盛り上がっていますよ。日本ほど寒くはないので雪が降ることはありませんが皆さんライトアップされた通りや街並みを楽しんでいます。今回はの新北市が毎年主催する恒例のクリスマスイベントを紹介します。豪華なイルミネーションや3Dプロジェクションマッピングなど見応えがありますよ!!

新北市歡樂耶誕城(新北クリスマスランド)

新北市市民広場を中心としたエリアで開催

新北市のクリスマスイベントは新北市市民広場を中心として周辺の各エリアでイルミネーションなどの催しが実施されます。今年2016年は11月19日~翌年の1月2日まで開催されます。

新北市市民広場はMRT板橋駅を出てすぐの場所にあります。板橋駅へはMRT板南線で台北駅から12分ほどで行くことができます。
2016112602_3

駅周辺からクリスマスの雰囲気

駅前の広場もライトアップされていて、駅を出た瞬間からクリスマスの雰囲気を感じることができます。
2016122603
2016122604
向うに見えるのは新北市政府庁舎。3Dプロジェクションマッピングの舞台になります。
2016122605
2016122606
2016122602_01

美しいイルミネーションと華やかなイベント

メイン会場の新北市市民広場は美しいイルミネーションが施されて幻想的な雰囲気い包まれています。20161226072016122611_01
今年はコンテナマーケットとして出店されたお店が来場者を楽しませてくれています。
2016122612
2016122613
2016122614
子供が喜ぶメリーゴーランドなどのアトラクションもあり家族連れの皆さん楽しんでいます。
2016122615
2016122616
2016122617
2016122618
2016122619

圧巻の3Dプロジェクションマッピング

今年はシンガポールのプロジェクションマッピングチーム、ヘキサゴン・ソリューション(Hexogon Solution)が手掛ける台湾最大規模の3Dプロジェクションマッピングが楽しめます。新北市政府庁舎、更に「節節高升竹筍」(伸びるタケノコ)と呼ばれる新北市のランドマークをも舞台にして3Dプロジェクションマッピングが繰り広げられます。

3Dプロジェクションマッピングは每日17:30〜22:00の間実施されます。
2016122620
2016122621
2016122622
2016122623
2016122624
2016122625
2016122626
2016122627
2016122628
2016122629

新北クリスマスランド(新北市歡樂耶誕城)は翌年2017年1月2日まで行っているので、年末年始を台湾で過ごされる方などチャンスのある方は行ってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク
2016122601_02