幅広い商品が揃う鐵花村のお土産屋さん – 青澤 CHING TSE




台東でおすすめのお土産屋さんを紹介。台東といえばお米、釋迦頭、洛神花といった農産物が有名ですが、それらを使った加工品もいろんなお店で売られています。今回訪れた「鐵花村」にある「青澤 CHING TSE」は伝統的なお菓子をはじめとした食品の他に、近代的なオリジナルの商品もたくさん扱っているのでちょっと変わり種な土産なども買うことができますよ。

青澤 CHING TSE(鐵花館)

鐵花村にあるお土産屋さん

台東のお土産屋さん「青澤 CHING TSE」にやって来ました。台東市内に3店舗ほど展開しているようですが今回訪れたのは「鐵花村」にあるお店です。

このお土産屋さんのために作られたっぽい建物ですね。かなりキレイですが最近できたのかな?

店内も広くてゆっくり買い物できそうな雰囲気ですねー。

 流石お米の名産地台東だけあってお土産用のお米を売っています。

池上米を使った麻糬(お餅)です。

こちらは台東の名産「釋迦頭」の餡が入った麻糬(お餅)。

インスタントのお粥。伝統的なものだけでなくこういった近代的なお土産を扱っているのが面白いですね。

こちらも台東の名産「洛神花」の蜜餞(蜜漬け)。

釋迦頭、洛神花、水蜜桃などを使ったお酒。

唐辛子の醤油漬け「剝皮辣椒」。辛いのですがこれがご飯が止まらない美味しさなんですよ~。

入り口にも大きく掲げられていましたがこちらが「琪瑪酥」というお菓子。「青澤 CHING TSE」の看板商品です。

パイナップルケーキもありますよ。

これはチョコがけのパイナップルケーキかな? 変わってますね。

洛神花を使った洛神酥。パイナップルケーキならぬローゼルケーキといったところでしょうか。

紅藜(レッドキヌア)のビールなんていうのもあります。

他にもヌガー、マンゴーやパイナップルのフルーツゼリー、旗魚(カジキ)の肉紙(パリパリジャーキー)などいろんなお土産がありますよ~。

「沙琪瑪(サチマ)」を改良した「琪瑪酥

というわけで看板商品の「琪瑪酥」を買ってみましたよ。プレーン(原味)の他にも葱ガーリック(蔥蒜口味)、黒糖(黑糖口味)、海苔(海苔口味)、チーズ(起士口味)、キムチ(泡菜)、カツオ(柴魚)、ミルクキャラメル(焦糖牛奶口味)などいろんなバリエーションがあります。

こちらはプレーン(原味)の「琪瑪酥」。

琪瑪酥(原味)150NTD

見た目と名前でピンときた人もいるかもしれませんが「琪瑪酥」は台湾でよく見かける「沙琪瑪(サチマ、シャーチーマー)」がベースのお菓子。「沙琪瑪」というのは中華圏ではお馴染みのお菓子で小麦粉の生地を油で揚げて飴を絡めて固めたものです。

食べたことがある人は知っていると思いますが「沙琪瑪」って美味しいのですが強力に歯にくっつくんですよね。それを解消しようと改良して作られたのがこの「琪瑪酥」。大きさも一口で食べやすいサイズにして小分けにしています。確かにほどよい甘さとサクサク感という「沙琪瑪」の美味しさはそのままで、歯にくっつくストレスはありませんねー。

もう1種類「紅烏龍」の「琪瑪酥」も買ってみました。

琪瑪酥(紅烏龍)150NTD

サクサクとした食感の中にかすかにお茶の風味が感じられてこれはなかなか美味しい。他のフレーバーも気になるところです。実は何種類か少量おまけしてくれたのですがチーズ味が個人的に好きですね。

せっかくなのでパイナップルケーキも買ってみました。6個入りで120元です。

土鳳梨酥120NTD

フィリングには台東鹿野産の土鳳梨が使われています。バターの風味豊かな生地と甘味と酸味のバランスがちょうど良いパイナップル餡がうまくマッチしています。1個の量も大き過ぎず小さ過ぎずほどよいサイズ感です。

店舗情報

住所 台東市鐵花路346號
営業時間
8:30~17:30、土日祝日8:00~18:00
休日
 
HP 青澤 CHING TSE
FB

スポンサードリンク