台東土産の定番「寒單餅」を買ってみました – 歐巴螞伴手禮專賣店




台東の有名な風習に「炮炸寒單」というお祭りがあります。武財神に扮した上半身の裸の男性が神輿に乗って街中を練り歩き、街の人々がその男性に向かって大量の爆竹を投げつけるという、それはもう狂気じみたイベントなんですよ。機会があれば一度見に行ってみるのもよいかも(流れ弾には要注意!)。というわけで今回はその「炮炸寒單」にちなんだ台東のお菓子「寒單餅」を紹介したいと思います。

歐巴螞伴手禮專賣店

台東のお祭り「炮炸寒單」に因んだお菓子を開発

歐巴螞伴手禮專賣店」は2009年に創業した台東のお土産屋さん。まだ10年ちょっとという若いお店ですが台東の民族風習である「炮炸寒單」というお祭りにちなんだお菓子「寒單餅」が人気で、現在では市内に4店舗を構えています。

店名よりも「寒單」の文字が目立ちます。

店内に入ってみました。「寒單餅」をはじめいろんなお土産が売られています。

こちらが「寒單餅」ですね。パッケージにはお祭りの写真が使用されています。

パイナップルケーキもありました。

詰め合わせてもあるので色々買ってみたい人にはおすすめ。

台東の名産である洛神花を使った蛋捲(エッグロール)。これも台東土産にいいですねー。

こちらは紅藜(キアヌ)の蛋捲(エッグロール)。

台東はお米の名産地ということでお米のお菓子なども。

方塊酥もありました。マンゴー、イチゴ、チョコレートなどのフレーバーの方塊酥が入っています。

これは台式馬卡龍(台湾マカロン)ですね。

寒單餅を食べてみました

というわけで「寒單餅」を買ってみました。

寒單餅・5個入り(225NTD

では食べてみましょう。パッと見た感じは太陽餅みたいな印象ですねー。表面に「寒單餅」と赤い文字が書かれてるんですがちょっと剥げちゃってます。

パイのような生地の中には綠豆沙の餡、さらにその内側にお餅が入っています。「パイのような」と書きましたが食感はわりとしっとりしています。お店の説明では綠豆沙は甘さ控えめということですが個人的な印象ではけっこう甘いですね。お餅が入っているのでQQの食感がプラスされているのが特徴的です。

寒單餅」の他にも台東の名産品を使ったお菓子がいろいろと売っているのでお土産探しにはおすすめのお店です。

店舗情報

住所 台東市大同路210號
営業時間
10:00~21:00
休日
 
HP
FB

スポンサードリンク