台湾では定番のお菓子「孔雀捲心餅(咖啡)」を買ってみました




台湾のお菓子「孔雀捲心餅」を紹介します。台湾へ何度も行ったことがある人は知っているかもしれませんね。スーパーやコンビニに行くと必ずと言っていいほど売られている定番の商品で、日本のコロンのような感じのウエハースロールです。チョコレート、プリン、コーヒーなどいろんなフレーバーがあって、ときどき期間限定の商品なども販売されます。値段も手ごろで量もほどほどなのでお土産に買って帰るのもよいのではないでしょうか。

孔雀捲心餅(咖啡)

台湾のコンビニやスーパーに行けば必ずと言っていいほど置いてある定番のお菓子「孔雀捲心餅」。「見たことある!」という人もいますよね。これ、実は販売しているのは実は歯抜けの子供のキャラクターでお馴染みの「乖乖」なんですよ。
参考:乖乖

いろんなフレーバーがあるのですが今回は咖啡味(コーヒー味)を買ってみました。

孔雀捲心餅」というのはご覧のようにウエハースロールです。コロンをちょっと大きくしたような感じですね。

中にはコーヒー味のクリームが詰まっています。サクサクと軽い食感でついつい何個も食べてしまいます。パッケージに「越冰越好吃」と書いてあるのですが、実は冷やして食べても美味しいんですよ。

 

スポンサードリンク