日本人にもファン多し! 台酒TTLのインスタントラーメン「花雕雞麵」




台湾にもいろんな種類のインスタントラーメンがありますよねー。コンビニやスーパーで商品が並んでいる様を見てるとなんだか日本にいるような錯覚を覚えます。でもやっぱり味は台湾ならではなので日本のインスタントラーメンとは違うのが面白い。台湾旅行に行ったら現地のインスタントラーメンを食べ比べてみるのも楽しいですね。というわけで今回は数ある台湾のインスタントラーメンの中でもロングセラーの「花雕雞麵」を紹介したいと思います。

台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)

台酒TTL(臺灣菸酒股份有限公司)」とはかつてタバコやお酒を販売する国営企業が後に民営化されたものでかなり歴史の古い企業なのです。

※画像は臺灣菸酒股份有限公司 HPより引用

花雕雞麵

さて、その台酒TTLが販売しているインスタントラーメンがこちら「花雕雞麵」。コンビニやスーパーなどでは必ずと言っていいほど見かけるポピュラーな商品で台湾人のみならず日本人にもかなり評判がいいんですよ。他にも「麻油雞麵」や「花雕酸菜牛肉麵」といったバリエーションがあります。

ではさっそく作ってみましょう。まず中の調味料・具材を取り出します。入っているのは「佐料包」「花雕料理酒」「調理包」「調味粉包」の4つ。

「調味包」には鶏肉を含む具材が入っています。基本的に肉類の日本への持ち込みは禁止されているのですがこのようにレトルトパウチの状態であれば認められているようです。現在のところカップラーメンは持ち込みOKですが必ず検疫に報告するようにしましょう。
参考:日本帰国時の肉製品のお土産の持ち込みについて調べてみました

4種類のうち「調味粉包」を麺にあけます。作り方の説明では「調味粉包」と「佐料包」を先に入れることになっているのですが「佐料包」は後で入れることにしました。まあ個人の好みということで・・・

カップの内側の線まで熱湯を注いで3分待ちます。

待ってる間「調理包」をフタの上に置いて温めておくとよいですね。

3分経ったら「佐料包」「花雕料理酒」「調理包」を入れて出来上がりです。

他のインスタントラーメンに比べるとお肉の存在感があっていいですね。お酒が効いてるスープが美味しい。麺もフニャフニャではなくそこそこ歯応えがあるので食べ応えがあります。個人的には台湾のカップラーメンの中では一番好きですね~。台湾にもインスタントラーメンはたくさんあるのですが、これホントに美味しいのでおすすめですよ。

ちなみに日本でも購入可能なので台湾に行く機会がないけど食べてみたいという方はこちらから。

 

スポンサードリンク