1袋が一瞬で胃袋に消えてしまった激旨メンマのラー油漬け – 家成行




台北の迪化街エリアで調味料や乾物などを販売している「家成行」。日本でも度々旅行雑誌などのメディアで紹介されている有名店です。以前は歸綏街沿いにお店があったのですが現在はちょっとだけ離れた大稻埕公園の東側へ移転しています。何がそんなに有名なのかと言うと、ここで売っているメンマのラー油漬けが絶品の美味しさでお土産に買っていく人が後を絶たないのです。というわけで今回はその「家成行」の激旨メンマを紹介したいと思います。

家成行

大稻埕公園近くの小さな食料品店

家成行」は迪化街のちょっと手前にある大稻埕公園の向かいで営業する小さな食料品店です。

調味料をはじめいろんな食品が売られています。

チリソース、ピクルス、辣椒醬などさまざま。

粉末状のインスタントティーなど。

他にもタピオカなんかもありますよ。これも購入して自宅でタピオカミルクティーを作ってみたので参考にしてください。

タピオカを買って自宅でタピオカミルクティーを作ってみました

2020.05.11

一見観光客には無縁そうなお店に見えますがこのお店を一躍人気店にしたのがこのメンマのラー油漬け。これがもうヤバい旨さなのです。

メンマのラー油漬けを買ってみました

というわけでメンマのラー油漬けを購入。左は厚みがあって堅めの食感の「香雲筍」、右は穂先の柔らかい部分を使った「香筍茸」。もちろん両方とも台湾産ですよ。

香雲筍50NTD)、香筍茸50NTD

まずは「香雲筍」の方から。

かなり大ぶりにカットされています。メンマというより筍の煮つけみたいな見た目ですね。

ご飯といっしょに食べるとこれがもう美味しいのなんの! ラー油漬けと言ってもそんなに辛くなくてややピリ辛という感じ。厚みがあるのでシャクシャクといい食感でご飯が進む進む。

続いて「香筍茸」。

こちらはよく知るメンマのイメージに近いですねー。

これもご飯といっしょにいただきます。こっちもメチャクチャ美味しい! 確かに柔らかいのですが日本で食べるメンマのようなフニャっとした食感ではなくてシャキシャキ感のある柔らかさなんですよ。薄切りなのでよりラー油が絡んで旨辛度合いが増しています。

「1袋あれば1週間くらいは持つかな~」と思ってたのですがどちらも一瞬でなくなってしまいましたよ(笑)。そのままお酒のアテにするのもよさそうですねー。安いしウマいしお土産に超おすすめです。

店舗情報

住所 台北市大同區民樂街141號
営業時間
8:50~18:30
休日
土日

スポンサードリンク