台湾のインスタント牛肉麺「味味一品 原汁珍味牛肉麵」を実食




麺食の大国台湾ではインスタントラーメンのバリエーションも豊富です。どんなものがあるのか興味ありますよね! 日本とは食文化の違いがインスタントラーメンにも顕著に表れるのはなかなか興味深いです。台湾でもコンビニやスーパーに行くといろんな種類のインスタント麺が売っていてお気軽に買うことができます。パッケージを見るだけでも「どんな味なんだろう?」と興味深々ですねー。いろんなインスタントラーメンを食べ比べるのも面白そうです。というわけで今回はそんな台湾のインスタントラーメンの中から「味味一品 原汁珍味牛肉麵」を紹介したいと思います。

味丹の「味味一品」シリーズ「原汁珍味牛肉麵」

味味一品」は味丹(味丹企業)という会社が販売してるインスタントラーメン。「原汁珍味牛肉麵」「極品紅燒牛肉麵」「原汁珍味爌肉麵」などいくつかの種類があります。またカップ麺タイプの他に袋麺のタイプもあります。
※画像は味丹企業 HPより引用

今回購入したのは「味味一品 原汁珍味牛肉麵」。「味味一品 極品紅燒牛肉麵」との違いはこちらの方がそんなに辛くないということだと思います。

味味一品 原汁珍味牛肉麵

「味味一品 原汁珍味牛肉麵」を実食

フタを途中まで開けて3種類の具材、調味料を取り出します。写真の左「調理包」、右上「調理粉包」、右下「調理油包」。
 まずは「調理粉包」と「調理油包」を入れます。この時点でペースト状の調味料をいれるのは日本とはちょっと違いますよね。
 熱湯を注ぎます。台湾のカップラーメンって「ここまで」みたいなお湯の量を入れる線がないことが多いのですが、まあ適当でいいでしょう。こんな感じかな。
 この状態で3分待ちます。「調理包」をフタの上に置いて温めておきましょう。

3分経ったら「調理包」を入れます。

後はよく混ぜていただきましょう。
 どうしても本物の牛肉麺と比べてしまうのですがそれはやっぱり酷でしょうね。う~ん、でもちょっとお肉の量は物足りないかな。

麺は一昔前の日本のカップラーメンみたいな感じですねー。スープの味はやや薄めで辛さは全くないです。最近はインスタント麺でも食感を期待してしまうのでそれを考えるとちょっと麺が柔らかいかな・・・ 全体的にやや物足りなさを感じますが味自体はまあまあ好きです。

 

スポンサードリンク