カルフールで珍珠奶茶風味酥(タピオカミルクティーケーキ)を買ってみた




昨年(2019年)から日本では空前のタピオカブームですね。そしてどういうわけか台湾でもそれに呼応するかのようにタピオカ関連の商品が次々と登場しています。それがドリンクではなくてチョコレートやアイスなどスーパーやコンビニで買えるものなんですよ。いったいどうなってるんでしょうね。これがかなかな面白いし台湾らしさもあるのでお土産にもちょうどいいんですよね。とういわけで今回は台湾の「家樂福(カルフール)」で見つけたパイナップルケーキならぬタピオカミルクティーケーキ「珍珠奶茶風味酥」を紹介したいと思います。

家樂福の台湾土産「皇族 珍珠奶茶風味酥」

台湾にもある大型スーパー「家樂福(カルフール)」。食料品や日用品はもちろん台湾のお土産を買うにも便利なお店です。パイナップルケーキやヌガーなどお馴染みのお菓子がいろいろと並べられている中見つけたのがこれ「珍珠奶茶風味酥」。皇族(ROYAL FAMILY)というブランドが販売しているお菓子のようです。このブランドのパイナップルケーキとかよくスーパーで売られていますね。

つぶつぶ感もあるタピオカミルクティーケーキ

ちょっとパッケージにも惹かれて買ってみました。12個入りで199元。

珍珠奶茶風味酥199NTD

この状態で出されたらパイナップルケーキだと思って食べてしまいますよね。

生地はかなりソフトでサクサクというよりしっとりとした食感。中のフィリングは黒っぽい色で確かにミルクティーの味ですねー。さらにタピオカを意識していると思われる小さな粒々が入っています。本物のタピオカほどの大きさや歯応えまでとはいかず「ん、何か入ってるかな?」といった感じでしょうか。なかなか美味しいのでちょっと変わり種のお土産としていいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク