お土産におすすめ、立頓(リプトン)の東方焙香烏龍奶茶と東方茉香奶綠




台湾旅行に出かけたときにバラマキ土産を買うのであればコンビニやスーパーに行ってみてはどうでしょう。売られているのはもちろん地元のお客さん向けの日常的な商品がメインですが、これが意外にお土産に喜ばれそうな面白いものがたくさんあるんですよ。それに日本では買えないものが多いのもポイントが高いですね。というわけで今回は台湾版リプトン(立頓)の商品を紹介。台湾ならではのインスタントミルクティーを買ってみました。

台湾リプトンのミルクティー

台湾版リプトン(立頓)の商品を紹介です。ちなみにリプトンは「立頓」って書くんですね・・・ 全聯福利中心や家樂福(カルフール)などスーパーに行くとリプトン(立頓)の商品が売られています。粉末タイプのものでは奶茶(ミルクティー)、英式經典奶茶(英国風ミルクティー)、絕品醇法式草莓(ストロベリーミルクティー)、港式鴛鴦咖啡奶茶(香港式コーヒーミルクティー)などいろんな種類がありますが、お土産ならこの2つがおすすめ。「東方焙香烏龍奶茶」と「東方茉香奶綠」。

東方焙香烏龍奶茶

まずは「東方焙香烏龍奶茶」。つまりウーロンミルクティーですね。「ウーロン茶のミルクティーって・・・」と思うかもしれませんが台湾のドリンクスタンドでは紅茶以外にも緑茶、プーアル茶、青茶など何でもミルクティーになっててウーロン茶も例外ではありません。

東方焙香烏龍奶茶(18個入り)(129NTD

こんな風に1杯分の粉末が小分けにされて18個入っています。

作り方はカップに粉末を入れてお湯を注ぐだけ。いたって簡単です。氷を入れてアイスミルクティーにしてもOK。最初から甘いので砂糖を入れる必要はありません。通常のミルクティーと違ってウーロン茶特有の香ばしさが感じられますね。インスタントとはいえなかなか美味しい。

東方茉香奶綠

こちらは「東方茉香奶綠」。緑茶のミルクティーなんですがジャスミンの香りをプラスしているようです。

東方茉香奶綠(16個入り)(129NTD

東方焙香烏龍奶茶」と同じサイズですがなぜかこちらは16個入り。値段の関係でしょうか。

背景に描かれているのは九份ですね。緑茶なので緑色かと思ったら写真のような普通のミルクティーの色でした。飲んでみると確かにジャスミンの香りをはっきりと感じるミルクティーです。これも普通のミルクティーとは一味違ってなかなか美味しいです。値段も安いし簡単に買えるのでバラマキ土産としてはなかなか優秀ですね。

 

スポンサードリンク