台湾土産に超濃厚なピーナッツバター、新竹の福源花生醬はいかが




台湾って花生(ピーナッツ)を使った料理をよく見かけます。例えばもやしやパクチーなどを巻いた春巻きのような「潤餅」、台湾式おにぎりの「飯糰」、アイスクリームを花生糖とともにクレープのような生地で包んだ「花生捲冰淇淋」などはピーナッツが欠かせない存在です。他にもピーナッツバターバーガーや麺に使ったりと日本ではお目にかかれない活用法が見られます。というわけで今回はお台湾土産でも人気となっているピーナッツバター「福源花生醬」を紹介したいと思います。

砂糖と塩だけのシンプルなピーナッツバター

こちらが「福源花生醬」。新竹の「福源食品行」が製造している花生醬(ピーナッツバター)です。材料はピーナッツの他に塩と砂糖だけというシンプルなピーナッツバターですがその素朴な美味しさからお土産としても人気上昇中です。
※左:花生醬、右:顆粒花生醬

花生醬

こちらは完全ペースト状の「花生醬」。

ご覧のように滑らかなピーナッツバター。と言ってもかなりネットリとした状態でスプーンですくっただけでも濃厚さがよく分かります。

シンプルにパンに塗って食べてみます。これがもう超濃厚! ピーナッツバターとは言ってますが正確に言えばピーナッツペーストですよね。一般的はピーナッツバターよりも圧倒的にピーナッツ感があります。スプーンですくってそのまま食べると口の中がもったりと水分を取られたような状態になるほどの濃厚さです。甘さは控えめなのでもうちょっと甘い方がよいという人は蜂蜜と合わせてもよさそうですね。

顆粒花生醬

こちらの黄色い文字の方は砕いたピーナッツの粒が若干残った状態のピーナッツバターです。

顆粒」って書いてますね。

小さな粒々が見えるでしょうか。

こちらもパンに塗っていただきます。これも濃厚さは先ほどのピーナッツバターと同様ですがピーナッツの粒のコリコリした食感も楽しめます。ちょっと変化があっていいですね。

購入できる場所

舞味食品
MRT東門駅近くにある食料品店。

地方の名産もあり、バラマキ土産を買うにはおすすめのお店 - 舞味食品

2018.12.25
住所 台北市大安區永康街6-5號
営業時間
10:30~23:00
休日
 

 
華品摃丸台北店
MRT中山駅近くにある新竹の名産を扱うお店。

住所 台北市中山區中山北路一段110號之5號
営業時間
10:00~20:00
休日
 

 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク