白桃ムースに桜ミルク?Lay’s樂事の謎フレーバーのポテトチップス




日本と同じように台湾もコンビニやスーパーが充実しています。特にセブンイレブン、ファミリーマート、ハイライフ、OKマートなどコンビニは街のいたるところで見かけるのでとても便利です。台湾旅行でコンビニにお世話になったという人も多いことでしょう。コンビニやスーパーで売られている商品は日本ではちょっと手に入らないものが多いのでお土産に買って帰るとけっこう喜ばれます。値段も安いのでバラマキ土産にはピッタリ。というわけで台湾のコンビニやスーパーで買えるスナック菓子をいろいろと紹介してみましょう。

台湾ではよく見かける「Lay’s 樂事」のポテトチップス

Lay’s(レイズ)は1932年にアメリカで誕生したポテトチップス。世界100ヶ国以上で販売されていて日本でもカルビー傘下の「ジャパンフリトレー株式会社」が販売していますが国内での製造はないようです。

台湾では「Lay’s 樂事」という商品名で販売されていてコンビニやスーパーに行けば必ずといっていいほど見かける人気スナックです。定番のフレーバーの他にも台湾独自のフレーバーもあったりします。

参考:Lay’s
参考:ジャパンフリトレー株式会社

甘いの? しょっぱいの? なポテトチップス

今年の春(3月ごろ)に発売された「Lay’s 樂事」の「粉櫻牛奶」と「白桃慕斯」のポテトチップス。春らしいフレーバーということのようですがそれにしてもポテトチップスとしては謎なフレーバーですね。いったい甘いんでしょうか、それともしょっぱいのでしょうか? もうすでに秋に差し掛かっていますがまだときどき見かけます。両フレーバーともに7-11 セブンイレブン限定のようです。

粉櫻牛奶

こちらは「粉櫻牛奶」。「Milky Sakura」って書いてますが、何だそれ(笑)。

見た目は普通のポテトチップスなのですが、食べるとこれが不思議な味。桜という感じは正直分からないんですけどね・・・ 何というか芳香剤のような味(笑)。いや、決して不味いというわけではなくむしろ美味しいのですよ。ただ表現しづらい味ですね。

白桃慕斯

もう一つ「白桃慕斯」。春だからって何でまたこんなフレーバーを作ろうと思ったのか。

こちらも見た目はいたって普通。さきほどの「粉櫻牛奶」に比べるとこれは食べるとはっきり桃の味だと分かりますね。ポテトチップスなのでしょっぱいのですが同時に甘いというなんとも不思議な感じです。でもはっきり言って美味しいですよこれ。


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク