高雄で見つけたこれがホントのうずまきキャンディ?! – 蘇老爺手工精製花生麥芽糖




台湾旅行に行ったらほとんどの人はお土産を買いますよね。定番はやはりパイナップルケーキ。他にもヌガークラッカー、お茶、カラスミ、ドライフルーツ、或いは台湾のスナック菓子などいろいろありますねー。今回は「ありきたりのお土産が飽きたのでちょっと変わったものがいい」という人にはおすすめのお土産を紹介します。というわけで高雄の「蘇老爺手工精製花生麥芽糖」に行って来ました~。

蘇老爺手工精製花生麥芽糖

ちょっと変わった花生麥芽糖のお店

蘇老爺手工精製花生麥芽糖」は高雄市の中心部からはちょっとな離れた場所にあるのでバスに乗って行きます。ここは新幹線「左營駅」、台鉄では「新左營駅」前のバス乗り場です。

お店に行くには「紅60」の路線のバスに乗ります。7番のバス停から乗ります。

こちらが「紅60」のバス。ずいぶん小っちゃいですね。

小さくてもちゃんと悠遊カードが使えます。

では出発で~す。

約20分ほどで最寄りのバス停「仁光路口」に到着。

高架の下をくぐって向こう側へ渡ります。渡ったら右へ。

道路沿いにちょっと歩くとお店があります。

こちらが「蘇老爺手工精製花生麥芽糖」。小さなお店です。

お店の中はお土産屋さんというより事務所みたいな感じ(笑)。

これが目的の商品「花生麥芽糖」。麦芽糖のキャンディです。フレーバーが3種類あってそれぞれ「原味手工精製花生麥芽糖」「芬芳玫瑰手工花生麥芽糖」「桂花茶香手工花生麥芽糖」。

花生麥芽糖」の他にもいろいろとお土産を売っています。

ハサミでチョキチョキと切っていただきます

というわけで「花生麥芽糖」を3種類購入しました。

原味手工精製花生麥芽糖350NTD)、芬芳玫瑰手工花生麥芽糖350NTD)、桂花茶香手工花生麥芽糖350NTD

花生麥芽糖」を買うと小さなハサミを付けてくれます。これで飴を切って食べるのです。

手が汚れないように手袋も入ってます。

こちらはプレーンの「原味手工精製花生麥芽糖」。ごらんのように細く伸ばした麥芽糖のキャンディをぐるぐると巻いて渦巻き状にして箱に収めているちょっと変わった飴なんですよ。さらに花生粉(ピーナッツ粉)をたっぷりとまぶしています。1箱にこの状態の飴が3層入っています。

食べるときはこんな風にハサミでチョキチョキと切っていただきます。なかなか変わった食べ方ですねー。

飴と言ってもソフトキャンディのように柔らかいんですよ。花生粉がけっこういい味を出してて美味しいですね。塗してあるだけでなく飴の中にも花生粉が入っています。ちょっと歯にくっつくのが難点ですが(笑)。

これは「芬芳玫瑰手工花生麥芽糖」。花生粉とともに玫瑰の花びらが入っています。

最後は「桂花茶香手工花生麥芽糖」。南庄産の桂花と嘉義産の高山烏龍茶を使った花生麥芽糖です。

1箱食べ終わった後がこんな状態に。花生粉が大量に余ってしまいました。捨てるのは勿体ないのでどうしようかなーと。
お餅に付けて食べてみました。台湾ではよくありますよね。

予想通り美味しい。花生粉だけではあまり味がないので砂糖を入れるといいと思います。

繁華街から遠いのでアクセスが不便ですがちょっと変わったお土産が欲しいという人はいかがでしょう。

店舗情報

住所 高雄市仁武區澄觀路1623號
営業時間
9:30~18:30
休日
 
FB
HP


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク