台南で見つけたベジタリアンレストランが手掛けるパイナップルケーキ – 福祿壽鳳梨酥




台南に「kokoni café」というカフェがあります。日本人観光客にも人気のカフェなのですが、西門路と民族路の交差点付近の入り組んだ路地裏にお店があるのです。先日このカフェに行こうと迷路のような路地裏を歩いているとレトロで高級感のある立派な建物に遭遇。何度も来ている台南ですが未だにこんな新しい発見があることに感銘を受けます。そこは実はレストランだったのですがパイナップルケーキも販売しているのです。これまた新しい発見、といことで早速購入してみました。とうわけで今回はそのパイナップルケーキ「福祿壽鳳梨酥」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も参考にしてください。

台湾土産のド定番「パイナップルケーキ」食べ比べ、おすすめはどれ?

2019.10.04

福祿壽鳳梨酥(赤崁璽樓)

路地裏のベジタリアンレストラン

ここは西門路、民族路、新美街、成功路に囲まれたブロック。ごらんのように迷路のように入り組んだ路地裏となっています。この路地裏にある「kokoni café」というカフェに行く途中で思わず立ち止まったのがここ。

ちょっとただ事ではない雰囲気を醸し出している建物に見惚れてしまいました。「何のお店だろう?」と調べてみると「赤崁璽樓」という素食(ベジタリアン)のレストランのようです。

ふと入り口に飾ってある箱に気付いて見てみるとパイナップルケーキのようです。「こんなパイナップルケーキ見たことないな~」と興味深々。

福祿壽鳳梨酥」というパイナップルケーキのようです。やっぱり初めて聞く名前です。有名なのかな?

あまりに気になったので1つ買ってみることに。中はレストランですがカウンターでパイナップルケーキを買うことができるようです。

こちらがそのパイナップルケーキ「福祿壽鳳梨酥」。1箱10個入りで450元(ネット販売だと500元のようです)というなかなかに高級路線です。

土鳳梨100%のパイナップルケーキ

というわけで「福祿壽鳳梨酥」を購入しました。

福祿壽鳳梨酥450NTD


シンプルなパッケージが逆に高級感のある雰囲気を出してますね。

形はやや横長のパイナップルケーキです。

濃い色合いと繊維の残ったフィリングを見て分かるように冬瓜を使っていない土鳳梨100%のパイナップルケーキです。味は甘さ控えめでかなり酸味を感じますねー。微熱山丘(サニーヒルズ)のパイナップルケーキより酸味があるんじゃないかな。

ちなみに袋がやや大きめなので食べやすいです。普通パイナップルケーキの袋ってギリギリのサイズの場合が多くて開けるときにボロボロこぼれてしまうんですがこれなら余裕を持って開けることができます。

赤崁璽樓」は1、2階が素食のレストランで3階以上は民宿として営業しているようです。大正時代に建てられたという建物は和と洋を併せ持ったレトロで高級感ある雰囲気。宿泊してみるのもいいですね。
参考:Chikan West House(赤崁璽樓民宿)

店舗情報

住所 台南市中西區西門路二段372巷10號
営業時間
11:30~14:30、17:30~21:00
休日
 
FB
HP


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク