富錦樹グループが手掛ける「富蛋」が台湾の新たなお土産候補に名乗り




台湾のお土産といえばパイナップルケーキ、お茶、ヌガー、ネギクラッカー、ドライフルーツなどが有名なところでしょうか。このあたりは誰でももらったら嬉しい鉄板のお土産ですよねー。ところで何度も台湾へ出かけるリピーターの中には定番ではない新しいお土産を探している人もいるのではないでしょうか。定番のお土産は昔からの根強い人気があるので、そこへ割って入って支持を集めるというのはなかなか難しいでしょうね。しかし昨年(2018年)末、あの「富錦樹グループ」が「台湾の新しいお土産」ということでオリジナルのお菓子の販売を開始。これは期待できそう! というわけでさっそく買ってみましたよ~。

富錦樹グループが手掛ける台湾の新たなお土産候補「富蛋」

「富蛋」の購入可能場所

富蛋」が購入できるのは富錦樹華山概念店Landmark富錦樹咖啡店 富錦店富錦樹355選物店富錦樹台菜香檳の4店。いずれも富錦樹グループが展開するお店です。

富錦樹華山概念店Landmark 台北市中正區八德路一段1號
富錦樹咖啡店 富錦店 台北市松山區富錦街353號
富錦樹355選物店 台北市松山區富錦街355號
富錦樹台菜香檳 台北市松山區敦化北路199巷17號

今回は華山創意文化園區にある富錦樹華山概念店LandmarkFUJIN TREE Landmark)に行ってみました。

FUJIN TREE Landmarkは生花のお店、雑貨を扱うセレクトショップ、カフェが一体となった複合施設。文字通り富錦樹グループのランドマーク的存在。

入り口入ってすぐに「富蛋」が山積みされてました。「台灣最強伴手禮(台湾で最強のお土産)」と積極的にアピールしてますね。

宜蘭産の櫻桃鴨蛋を使用した新感覚のクッキー

というわけで「富蛋」を購入してみました。

富蛋350NTD

一口サイズの小さなクッキーが12個入って350元。よく見ると袋のデザインがそれぞれ違っててなかなか凝ってますね。この量でこの値段だとわりと高級な部類に入るのではないでしょうか。

富蛋」のロゴに小さく「RICH EGG」と書いてますが、このクッキーには宜蘭産櫻桃鴨の鹹鴨蛋(塩漬け卵)が使われています。

食べると甘さの前にほのかな塩気を感じてちょっとビックリ。そして食べ進むうちに甘さも姿を現してきますがあくまで控えめ。「甘じょっぱい」というのとはまた違った味で、塩気・甘味どちらも主張し過ぎないほどほどの距離感が面白い。食感はパイのようなクッキーのような、口の中でホロホロと崩れていく感じ。味も食感も独特な新食感のクッキーですね。

パイナップルケーキやヌガーなど定番のお土産に飽きた人は新たなお土産候補として検討してみてはどうでしょう?

店舗情報

住所 台北市中正區八德路一段1號(中1A)
営業時間
11:00~21:00
休日
 
FB 富錦樹華山概念店 Fujin Tree Landmark


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク