お土産の定番サニーヒルズのパイナップルケーキ – 微熱山丘 SunnyHills




ずいぶん前から台湾のお土産と言えば定番だったのがパイナップルケーキ。李製餅家、佳徳糕餅、犁記餅店といったある意味いかにもというパイナップルケーキがお土産としては知られた存在でしたが、2010年に台北に登場してから一躍パイナップルケーキのお土産の定番的存在へと躍り出たのが、台湾中部の南投発の微熱山丘 SunnyHills。買ったことがある人も、貰ったことがある人もたくさんいるのではないでしょうか。自分も以前何度か行ったことがあるのですが久しぶりに行ってみたので改めて紹介したいと思います。

微熱山丘 SunnyHills

パイナップルケーキといえばサニーヒルズ

台北の微熱山丘 SunnyHillsがあるのは台北の中でも特にお洒落スポットとして知られる富錦街のある民生社區エリア。お店の前には広々とした公園があるというとっても優雅な雰囲気です。

緑に囲まれた建物の1階で営業しています。なんとなく隠れ家的な雰囲気でいいですねー。

なぜ自転車をディスプレイ? というのは・・・
やっぱりこのロゴだからかな? 微熱山丘 SunnyHillsが一躍有名になったとき、それまでのパイナップルケーキのイメージとは違ったこのロゴの可愛らしさも影響してると思うんですよねー。

久しぶりに来ましたが相変わらず大盛況ですね~。

微熱山丘 SunnyHillsと言えば有名なのが試食。お店に入るとすぐにスタッフから「試食しますか?」とすすめられます。

しかも試食といっても切り分けられたものをちょっと食べる、というわけではなくガッツリ1個いただけるのです。それもお茶付きでテーブルに座ってゆっくり食べることができます。いやはや太っ腹なサービスです。

で、みなさん試食しながらくつろいでいます。となると当然買ってしまいますよねー。というかもう買う為に来てるんでしょうけどね。

ちなみにパイナップルケーキ意外にもいろいろと商品があります。最近発売されたチーズケーキの天使蛋糕などおすすめですよ。

添加物を一切使わずシンプルな工程で作ったパイナップルジュースも人気です。

果肉感ある自然な甘さが美味しい

パイナップルケーキは10個入り、16個入りがあります。今回は10個入りを購入しました。オリジナルの布の袋に入れてくれます。

鳳梨酥・10個裝(パイナップルケーキ・10個入り)(420NTD

パッケージもかわいい。

1つ1つの包装にもちゃんとロゴが入っています。微熱山丘 SunnyHillsはこの可愛さがお土産に選んでしまいたくなる理由なんですよねー。箱であげてもいいし、バラマキ土産として1個ずつあげても喜ばれそうですもんね。

微熱山丘 SunnyHillsのパイナップルケーキは1個がかなり大きいのが特徴。ずっしりと重量感があります。

パイナップルケーキというと長方形の板のような形をイメージするのですが、微熱山丘 SunnyHillsのパイナップルケーキは厚みがあって迫力があります。

中にはパイナップルの餡がぎっしりと。そして目で見てはっきり分かるほどパイナップルの繊維が残っています。これが微熱山丘 SunnyHillsの最大の特徴。今でこそ果肉感のある餡を使ったパイナップルケーキがよく見られますが、当初この餡が話題になったんですよねー。冬瓜などを使わずパイナップルだけを使った餡はただ甘いだけではなく酸味のある自然な甘さが感じられるパイナップルケーキです。

クッキーの部分はサクサクとしっかりした食感で食べ応えあります。餡との相性もいいですねー。久しぶりに食べましたがやっぱり美味しい。お土産候補の上位にランクするのも頷けますね。
  

店舗情報

住所 (台北 民生公園)台北市民生東路五段36巷4弄1號
営業時間
10:00〜20:00
休日  
HP 微熱山丘 SunnyHills


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク