台湾のお土産候補に急浮上! メイド・イン・台湾のチョコレート




最近台湾のチョコレートが面白い! 台湾のお土産と言えばパイナップルケーキ、お茶、ドライフルーツ、ヌガーなどが主流でしたが、ここ数年メイドイン台湾のチョコレートに注目が集まっています。特に大きなきっかけになったのは屏東の「福灣巧克力」が世界的に有名になったことですが、実は他にもクオリティの高いチョコレートを手掛けるお店が台湾にはあるんですよ。というわけで今回は特におすすめのメイド・イン・台湾のチョコレート4店を紹介したいと思います。

福灣巧克力


2019年のICA(インターナショナルチョコレートアワード)において金賞5個、銀賞19個、銅賞4個という優秀な成績を収めた屏東の「福灣巧克力(Fu Wan Chocolate)」。櫻花蝦(桜エビ)、馬告(マーガオ)、烏龍茶など台湾ならではの食材を使ったチョコレートが人気。

食レポ:【福灣巧克力(台北101直營店)】今注目され始めた世界も認める台湾のチョコレート

【店舗情報】
(本店)
住所:屏東縣東港鎮大鵬路100號

営業時間:9:00~18:00
休日:

(台北101直營店)
住所:台北市信義區市府路45號B1
営業時間:日~木11:00~21:30、金土及び祝日の前日11:00~22:00
休日:

 

香格里拉台南遠東国際大飯店


台南が誇る五つ星ホテル「シャングリラ台南」。実はこのホテルが作るチョコレートもICA(インターナショナルチョコレートアワード)で優秀な成績を収めています。阿里山烏龍茶、ナツメ、フルール・ド・セル、或いは醤油なども使った繊細かつ大胆なチャレンジのチョコレートは必食です。

食レポ:【香格里拉台南遠東国際大飯店】ICAアジア大会で金賞を獲得したシャングリラ台南のチョコレート

【店舗情報】
住所:台南市東區大學路西段89號
営業時間:(品香坊)8:00~20:00
休日:

 

九日風


台北の実力派チョコレートショップ「九日風」。冬瓜茶、百香果(パッションフルーツ)、芭樂(グアバ)、麻油、九層塔(台湾バジル)などを使った独創的なチョコレートが面白い。お店ではイートインも可能なのでチョコレートのスイーツをいただくこともできますよ。

食レポ:【九日風】ICAの世界大会で銀賞を獲得した台湾風味のチョコレート

【店舗情報】
住所:台北市大安區和平東路一段75巷1號
営業時間:12:00~19:00
休日:月火

 

COFE 喫茶咖啡


台北の人気観光スポット「迪化街」のカフェ「COFE 喫茶咖啡」。店内ではカフェの営業の他、前述のチョコレートショップ「九日風」と共同開発したチョコレートの販売も行っています。凍頂烏龍、鐵觀音、東方美人など数々の台湾茶の他、屏東三地門、嘉義阿里山といった台湾産のコーヒーを使ったチョコレートはお土産にもおすすめ。

食レポ:【COFE 喫茶咖啡】コーヒーや台湾茶を使ったチョコレートはお土産にぴったり

【店舗情報】
住所:台北市大同區迪化街一段248號2F
営業時間:10:00~18:00、土日9:00~19:00
休日:

 

スポンサードリンク

おすすめお土産記事
スポンサードリンク