台北駅近くのおすすめホステルFlip Flop Hostel Gardenに泊まってみた




ホテル予約サイトで調べてみると分かりますが台北駅周辺にはたくさんのホテル、ホステルがあります。特にホステルの数は近年一気に増加しましたねー。ホステルはなんといってもその安さが魅力ですが反面部屋が狭かったり窓が無くて暗かったりというデメリットも付きものです。ところが台北駅近くにある「Flip Flop Hostel Garden(夾腳拖的家 長安122)フリップ フロップ ホステル ガーデン」は都心にあるとは思えないほど明るく開放的な魅力溢れるホステルです。今回実際に宿泊してみたので紹介したいと思います。

Flip Flop Hostel Garden(夾腳拖的家 長安122)フリップ フロップ ホステル ガーデン

台北駅北側のおすすめホステル

Flip Flop Hostel(フリップ フロップ ホステル)は台湾に3軒のホステルを展開しています。そのうちの2軒は台北駅北側エリア、もう1軒は台湾屈指の人気観光スポットである九份にあります。
・Flip Flop Hostel Main Station(夾腳拖的家 台北車站)
・Flip Flop Hostel Garden(夾腳拖的家 長安122)
・Flip Flop Hostel Jiufen(夾腳拖的家 九份山居)

今回は台北駅北側エリアの長安西路沿いにあるFlip Flop Hostel Garden(フロップ フロップ ホステル ガーデン)に実際に泊まってみました。

Flip Flop Hostel Gardenは台北駅に近いのはもちろんですが、特に台北バスターミナル(臺北轉運站)に近いので台北に滞在した後別の地域へバスで移動する、といった場合には便利なホステルです。

中央の白い建物がFlip Flop Hostel Garden。かなり規模の大きなホステルであることが分かります。

 

スポンサードリンク

中庭がある開放的な空間が魅力

入ってすぐ右手に見える部屋がロビー。レセプションはここで行います。チェックインの際にカードキーを受け取ります。

入り口には木製の自動ドアがあります(日中は開放されています)。夜間など通過するときはカードをセンサーに翳して通ります。

センサーの反対側にはカードの回収箱があります。早朝まだスタッフがいない時間帯に出発するときはここにカードを返却すればOKです。

自動ドアのすぐそばにはエレベーターがあります。

エレベーターもカードを翳して操作するタイプなのでセキュリティも安心ですね。

中に入ると中央部分が中庭になっています。向こうに見える部屋には共用キッチンがあります。宿泊用の部屋の中は飲食禁止なので食事をするときは共用キッチンを利用しましょう。

上を見上げるとこんな眺めが。バルコニー部分が大きく取られたちょっと変わった造りのビルですよねー。

建物の中へ入ると真っ白の外観(内観かな?)の開放的な空間が広がっています。しっかりと掃除が行き届いていて清潔感もあります。

上階から下を伺うとこの見事な光景! いやー素晴らしいですね。バルコニー付きの部屋もあるのでこの景色を楽しみながらのんびり過ごしたい人にはおすすめです。

 

スポンサードリンク

部屋の雰囲気や設備について

今回は「スタンダード ダブルルーム 専用バスルーム付」の部屋に宿泊しました。ホステルなのでお世辞にも広いとは言えませんが過ごしやすいようにいろいろと工夫されていてなかなか快適でした。なにより清潔なのがいいですね。

部屋に入ると右手にトイレ、シャワールーム。奥にソファがあります。正面には階段があって上部にベッドがあります。

部屋にはスリッパが用意されています。このタイプのスリッパは嬉しい! 紙のスリッパを置いてあるホテルがよくあるんですが、あれちょっと履きづらいんですよね~。

奥にはソファと小さなテーブルがあります。

階段の下には机が設えてあります。パソコンを使うときなどは便利ですね。階段で頭を打たないように気を付けましょう(何度かぶつけてしまいました(笑))。

階段を上がるとダブルベッドが。

枕元には電源が左右に1つずつ設置してあります。これが嬉しいんですよね~。よく分かってます。

トイレも清潔に保たれています。

シャワールームはガラスで仕切られているので隣のトイレの床が水浸しになることはありません。シャワールームにはシャンプーとボディソープが常備されています。

 

スポンサードリンク

朝食は1階の共用キッチンで

Flip Flop Hostel Gardenは朝食付き。朝食をいただくときは1階のロビー裏にある受付に申し出ましょう。

朝食の時間は8:00~9:30です。ちょっと短めなので注意しましょう。

朝食は1階の中庭に面した共用キッチンでいただきます。ロビーで食べてた人も見かけましたね。

この日の朝食はこんな感じでした。トーストにポテト、ゆで卵、サラダ、オレンジ。簡素ですが無料で付いてくるのでこのくらいでじゅうぶんですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

台北駅周辺には数多くのホステルがありますが、ここFlip Flop Hostel Garden(フロップ フロップ ホステル ガーデン)は間違いなくおすすめのホステルの1つです。何より明るくて開放的な雰囲気が魅力的ですよね。

今回は「スタンダード ダブルルーム 専用バスルーム付」を利用しましたが、他にもシングルルーム、トリプルルーム、ドミトリーなどがあります。人数や状況、旅行の目的に応じて選ぶとよいですね。

フロップ フロップ ホステル ガーデンの料金はこちらでチェック

 
Flip Flop Hostel Main Station(フリップ フロップ ホステル メイン ステーション)もおすすめなのでチェックしてみてください。

フロップ フロップ ホステル メイン ステーションの料金はこちらでチェック

ホテルの情報

住所 台北市大同區長安西路122號
チェックイン
15:00~23:00
チェックアウト ~11:00

スポンサードリンク