その発想は無かった! 油條のサンドイッチ – 普里鹹油條 台北總部




油條(中華風揚げパン)も三明治(サンドイッチ)も台湾ではポピュラーな朝ごはん。でもこの2つを組み合わせてた油條のサンドイッチという発想は無かったなー。「普里鹹油條」は埔里(南投縣)にある有名なお店で、何度も改良を加えながら開発した油條のサンドイッチ「鹹油條」が人気。台北にも支店があるので食べに行ってみましたよ。

普里鹹油條 台北總部

埔里からやって来た人気店

朝ごはんを食べに「普里鹹油條 台北總部」にやって来ました。埔里(南投縣)に本店がある「鹹油條(油條のサンドイッチ)」が人気のお店です。重慶南路の新店寄りの場所で高架の脇にお店があるのでちょっと分かりづらいかも。MRT古亭駅から歩いて15分といったところでしょうか。

早餐・宵夜」と書いてあるように早朝から昼前までと夕方から深夜までの2部営業となっています。

わずかなスペースですがテーブル席もあるのでイートインも可能です。

こちらがメニュー。おすすめは油條(中華風揚げパン)を使ったサンドイッチの「鹹油條」。原味(プレーン)、荷包蛋(目玉焼き)、肉鬆(でんぶ)、泡菜(キムチ)、鮪魚(ツナ)、起司(チーズ)などの種類がありますよ。また+10元で加蛋(目玉焼きの追加)ができます。

オーダーシートはないのでカウンターで口頭で注文。その場で油條に具を挟んで作ってくれます。できたら呼ばれるので席で待っていればOKです。

飲み物は冷蔵庫に入っているので注文した後自分で取りに行きましょう。

肉鬆の油條サンドイッチ

注文したのは肉鬆の「鹹油條」。それに「加蛋」で目玉焼きを追加してみました。飲み物は冷たい「豆漿」を。

招牌鹹油條(肉鬆)・加蛋55NTD)、豆漿・冰20NTD

豆漿はほどほどのサイズ。実際このくらいがちょうどいいですよね。

こちらが「鹹油條」。油條に縦に切り込みを入れて肉鬆と目玉焼きを挟んでいます。さらに胡椒と甜辣醬がかけられていますね。

揚げパンのサンドイッチということで基隆の「營養三明治」によく似てますが、「營養三明治」はパンがふっくらしてるのに対して「鹹油條」は油條を使っているのでザクザクとした食感が特徴。ちょっとこれまでになかったタイプのサンドイッチですねー。

肉鬆と目玉焼きのトッピングも油條によく合ってますね。胡椒のスパイシーな香りと甘辛い甜辣醬も合わさってこれはなかなか美味しい。泡菜(キムチ)や鮪魚(ツナ)あたりもぜひ食べてみたいです。

食べ終わった後のゴミはこちらへ。

ちょっとアクセスの悪い場所ですが散歩がてら朝ごはんを食べに来てはどうでしょう。

店舗情報

住所 台北市中正區重慶南路三段67號
営業時間
6:00~12:00、15:00~0:00
休日
 

スポンサードリンク