花蓮の朝ごはん屋さんで食べた油飯の飯糰(おにぎり) – 明心紅茶




花蓮には「花蓮四大紅茶」と呼ばれているお店があります。その4店とは「廟口紅茶」「黎明紅茶」「明心紅茶」「美崙紅茶」。「廟口紅茶」と「黎明紅茶」の2店は地元のみならず台湾では超有名店。日本でもメディアで取り上げられるほどなので知っているという人も多いのではないかと思います。後の2店はあまり知名度は高くありませんが地元では人気のお店。むしろこちらの方がちょっと気になる存在なんですよね。というわけで今回はその4店のうちの1つ「明心紅茶」を紹介したいと思います。

明心紅茶

早朝から地元のお客さんで賑わうお店

明心紅茶」は進豐街と明心街の交差点付近にある朝ごはん屋さん。台湾では当たり前のようにどこでも見かける袖看板ではなく建物に直接「明心紅茶」と書かれてるのがちょっと面白い。どういう理由でこうなったんでしょうね。

早朝の5時からオープンして昼前には閉まってしまう台湾ならでは朝ごはん屋さん。この日は6時半ごろにお店にやって来たのですがすでに大勢のお客さんの姿が見られます。

パンやおにぎりなどの商品は棚に並べられているので見て決めることができますよ。「西點」というのは台湾式マカロンのことで花蓮ではこのような長細いタイプをよく目にします。「黎明紅茶」や「廟口紅茶」でもありましたね。

サンドイッチもラッピングされてスタンバイ。

フルーツサンドイッチもあります。朝ごはん屋さんではあまり見た覚えがないですねー。

卵やキュウリを挟んだ沙拉麵包(サラダパン)。

海苔巻がありますね。珍しい。

こちらはお馴染みの飯糰(台湾式おにぎり)。なんですがちょっと色が茶色っぽいですよね。実はこれ油飯(台湾風おこわ)の飯糰なんです。

食パンも売ってます。自家製なのかな?

他にも爌肉飯や肉焿飯などご飯ものやスープ類、また蛋餅やトーストなんかもあるようです。

店頭と店内にはテーブルが用意してあるのでイートインもできますよ。

油飯のおにぎりとフルーツサンドイッチ

油飯のおにぎりとフルーツサンドイッチを注文。飲み物は「花蓮四大紅茶」ということで初めて来たことだしシンプルに紅茶をいただきました。

飯糰25NTD)、水果三明治25NTD)、紅茶30NTD

コップになみなみと注がれた紅茶。例によって甘いです。だけどちょっと苦味もあるような・・・ 「花蓮四大紅茶」って言われてますが、まあ紅茶自体は昔懐かしい味で何か特別というわけではありません。

キウイ、トマト、パイナップルのサンドイッチ。朝ごはんではあまり食べたことがないのでちょっと新鮮です。

油飯の飯糰(台湾式おにぎり)。油飯のお店でテイクアウトすると袋に入れてくれるというのはありますが朝ごはん屋さんで油飯の飯糰は初めて見ました。大きさも一般的な飯糰とは違ってやや小ぶりですね。

飯糰ではお馴染みの具もなく油飯のみ。ですが油飯自体に味がしっかり付いているのでこれはこれでなかなか美味しいですよ。

パンありご飯ありのいわゆる中西式早點のお店なのでさまざまな好みに応えられる使い勝手の良いお朝ごはん屋さんではないでしょうか。

店舗情報

住所 花蓮市進豐街50號
営業時間
5:00~11:00
休日
 

スポンサードリンク