意外な美味しさ、台東で食べた肉鬆と煉乳のフレンチトースト – 明奎早餐店




台東の朝ごはん屋さんを紹介。意外と思われるかもしれませんが台湾では朝ごはんにトースト、サンドイッチ、ハンバーガーなどをよく食べます。「台湾グルメ=中華」というイメージを持っていると「え、なんで?」という印象なんですが早朝街を歩くとほんとにこういったお店をよく見かけるんですよ。ただしやや台湾風にアレンジされてる部分があってこれがなかなか面白い。立派な台湾の食文化の一角を担っているんですよね。というわけで今回は台東でトーストやハンバーガーをメインに扱っている朝ごはん屋さん「明奎早餐店」に行ってみました。

明奎早餐店

昔ながらの中西式朝ごはん屋さん

明奎早餐店」は正氣路と南京路の交差点付近にある朝ごはん屋さん。台東でも特に賑やかな通りの正氣路ですが、ここまで来るとやや落ち着いた雰囲気になりますね。それにしても隣が「美而美」というのがなかなか面白い。
※「美而美」は台湾で有名な朝ごはんのチェーン店。

フードメニューはトースト、サンドイッチ、ハンバーガー、ドリンクメニューは紅茶、ミルクティー、コーヒー、といかにも台湾の朝ごはん屋さんといった内容。いわゆる「中西式」の朝ごはん屋さんですが蛋餅や豆乳がないのでどちらかと言うと「西式」に特化したお店のようですね。

注文はオーダーシートで行います。ペンの横に白い紙が置いてありますが実はメニューに書き込むのではなく紙に注文したいものを書くというちょっと変わったスタイル。

ここに注文方法が書いてますね。たぶん間違ってメニューに書き込もうとするお客さんがいるんでしょうね。自分も最初そうだと思いましたよ。

メニュー、ペン、紙を取ったら空いてる席に座ります。

こんな感じで紙に注文内容、それにテーブル番号を書き込みます。日本人ならなんてことないですが欧米のお客さんだと大変でしょうね。いや、むしろそれが楽しいのかな?

人気メニューはフレンチトースト

明奎早餐店」の人気メニューは「法式土司」、つまりフレンチトーストです。ほとんどのお客さんがこれを注文してるようです。フレンチトーストは3種類あって通常の「法式土司」、厚切りの「厚片法式」、そして肉鬆(でんぶ)を挟んだ「法式肉鬆」です。この日は「法式肉鬆」を注文してみましたよ。

法式肉鬆35NTD)、桂圓奶茶・中30NTD

ご覧のように肉鬆(でんぶ)が挟んであります。フレンチトーストに肉鬆というのも驚きの組み合わせですよね。ほんと肉鬆のオールマイティぶりはすごい。

そして練乳がたっぷりとかけてあるのが特徴。肉鬆に練乳って字だけ見るとビックリするのですが、これが甘じょっぱくて意外に美味しいんですよ。むしろ普通のフレンチトーストよりも飽きずに食べれそうな感じです。トーストには食べやすいように切れ目が入れてあって菓子楊枝のようなスティックでいただきます。これがまた台湾らしいというかなんというか昔懐かしい雰囲気でいいですね。

ドリンクは「桂圓奶茶」をいただきました。見た目は普通のミルクティーですが中に龍眼干(干し龍眼)が入っているのでほんのりと龍眼の風味がします。

ほら、龍眼干(干し龍眼)が入ってますよ。

台東ではかなり人気のある朝ごはん屋さんなのでぜひ行ってみてくださいね~。

店舗情報

住所 台東市正氣路390號
営業時間
6:00~11:30
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク