花蓮四大紅茶の1つ、創業30年以上の老舗に行ってみた – 黎明紅茶




花蓮には「花蓮四大紅茶」と呼ばれているお店があります。その4店というのは「廟口紅茶」「黎明紅茶」「明心紅茶」「美崙紅茶」。「廟口紅茶」はメディアでも取り上げられることが多いので日本でもよく知られているお店だと思います。4店とも共通しているのは、店名に「紅茶」とありますがいわゆるドリンクスタンドとは違って蛋餅、サンドイッチ、トーストなどを売る朝ごはん屋さん的な位置づけなのです。今回は「廟口紅茶」に続いて人気のある「黎明紅茶」を紹介したいと思います。

黎明紅茶

地元民に親しまれる老舗紅茶店

南京街と忠孝街の交差点にあるこちらのお店が「黎明紅茶」。同じく角地にあり、ここからも2、3分ほどしか離れていない「廟口紅茶」と雰囲気がそっくりで混同する人もいるかもしれませんが別のお店です。観光客は「廟口紅茶」に行くけど、地元の人は「黎明紅茶」に行く、という話もあるようです。

「30年ㄟ店」って書いてますがずいぶん前からこの状態なので実際にはもう創業40年以上は経ってるんじゃないかな・・・

早朝6時から開いてて朝ごはん屋さんというイメージがあったのですが夕方まで営業しているのでお昼ご飯や間食でもOKの使い勝手の良いお店ですね。

建物の騎樓と呼ばれる部分にテーブルを出してあります。

角地なのでけっこう広くスペースがとれるんですね。

こちらがメニュー。蛋餅漢堡(ハンバーガー)、土司(トースト)などかなり品数が豊富ですね。粽、小籠包、焼き餃子まであるのはちょっと驚き。小西點というのは台湾風マカロン(台式馬卡龍)のこと。ここではけっこう人気の商品です。

これが小西點です。丸い形は見慣れてますが長細いのは花蓮で初めて見ました。「廟口紅茶」の小西點も同じような形でしたね。

ホットドッグですね。美味しそう。

紅茶と小西點(台湾風マカロン)

紅茶と小西點(台湾風マカロン)、それとサンドイッチをいただきました。

紅茶・冰(25NTD)、火腿土司(25NTD)、草莓西點(17NTD

台湾の昔懐かしい甘~い紅茶です。

どれのサンドイッチにしようか考えていたらお店のおばちゃんがおすすめしてくれた「火腿土司」。ハム、キュウリ、目玉焼きを挟んだシンプルなサンドイッチです。

小西點はフレーバーが何種類かあるのですが、こちらはイチゴ味の「草莓西點」。

ほんとのマカロンのようにサクサクした食感ではなくフワッとした感じです。どちらかというとダックワーズの方が近いような気がしますね。中にはクリームが入っていて昔懐かしいレトロなおやつといった印象です。

紅茶や食事が特別に美味しい、というわけではありませんがレトロなお店の雰囲気を味わうという目的で行ってみるのもいいと思いますよ。

店舗情報

住所 花蓮市南京街185號
営業時間
6:00~18:00
休日
 

スポンサードリンク