高雄の新濱碼頭近くで食べたスクランブルエッグのような蛋餅 – 阿姨蛋餅




旗津へ渡るフェリー乗り場のある高雄MRT橘線の終点「西子灣」周辺も高雄の人気観光スポットの1つ。古い倉庫街をリノベーションしたアートスペース「駁二藝術特區」やかつての高雄港駅だった「打狗鉄道故事館」を有する「哈瑪星鐵道文化園區」といった見どころがあります。港近くには飲食店もたくさんあって食べ歩きをするのも楽しいですね。今回はここ「西子灣」エリアにある一風変わった蛋餅のお店「阿姨蛋餅」を紹介したいと思います。

阿姨蛋餅

おばちゃんの作る一風変わった蛋餅

阿姨蛋餅」はMRT西子灣駅から5分弱ほどの鼓山一路と濱海一路が三叉路になっている場所にあります。もうちょっと先へ行くと新濱碼頭が見えてきます。

路上に小さな屋台が出ているこちらのお店が「阿姨蛋餅」。

「阿姨」というのは「おばちゃん」という意味で、その名の通りおばちゃんが忙しそうに蛋餅を焼いています。

ここの蛋餅が普通のお店とはちょっと違うのです。一般的な蛋餅は1枚1枚生地を焼いて行くのですが、「阿姨蛋餅」では鉄板に生地をドバーっと広げて玉子と合わせてまるでスクランブルエッグのように焼き上げます。

横にはテイクアウト用にパックに入った蛋餅がたくさん積んであります。

屋台の背後の建物の中にテーブルが設置してあるのでイートインすることもできますよ。

飲み物は冷蔵庫に豆漿(豆乳)や鮮奶紅茶(ミルクティー)などが入っているので自分で飲みたいものを取ります。

蛋餅のあまりの安さにビックリ!

というわけで蛋餅豆漿をいただきました。小サイズを注文したのですがなんと20元という安さ! 豆漿と合わせてもわずか30元ですよ。値段が書いてないので一瞬聞き間違えたのかと思いましたよ。安いお店はいろいろ見てきましたがこれはちょっとビックリですねー。

蛋餅・小20NTD)、豆漿10NTD

飲み物は豆漿(豆乳)をいただきました。ほんのり甘いい台湾ならではの豆乳です。

蛋餅は醬油膏をつけていただきます。見た目はスクランブルエッグみたいですが食べると生地のモチモチ感があって確かに蛋餅の味です。ネギも入っていて香りもいいですねー。他のメニューがないのでこれなら大サイズでもよさそうですね。

店舗情報

住所 高雄市鼓山區鼓山一路17號
営業時間
6:00~12:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク