深夜から昼前まで営業、夜食・朝食に使える小吃店 – 獨特花生湯




台湾では朝ごはんも外食するのが当たり前。早朝に街にでると蛋餅、燒餅、油條、サンドイッチ、ハンバーガーなどを売っているお店をあちこちで目にします。だいたい朝の6時、7時くらいからやってるお店が多いんですが、たまに2時、3時から開いてるお店おあるんですよね。また前日の深夜から朝方までといったお店もあったりします。それでもベースが朝ごはんのお店というのが面白い。というわけで今回は深夜から翌日の昼前までという営業スタイルのお店「獨特花生湯」を紹介したいと思います。

獨特花生湯

深夜から昼前まで営業する朝ごはん屋さん

獨特花生湯」は文山区の景隆街、興隆路一段、興隆路二段、景興路、三福街の5つの通りが接続する5叉路になっているちょっと大きな交差点にあります。

看板に「早點、宵夜」と書かれてあるように深夜から昼前まで営業しているお店です。

お店は入り口側にキッチンがあって奥に客席があるタイプ。一瞬入るのを躊躇してしまいそうですがイートインならそのままキッチンを通って店内席に行きます。

途中にオーダーシートが置いてあるのでペンといっしょに取って行きましょう。オーブンの後ろ辺りにありましたよ。

けっこう広い店内ですね。じゅうぶんに席数があります。

店内にもメニューがあるんですがオーダーシートがあるとあまり意味がないですよね。それにこんな奥にあったら外から見えないし(笑)。

メニューはかなり豊富に揃っています。この内容はどう見ても早餐店のメニューですね。夜中から開いている朝ごはん屋さんといった感じでしょうか。

オーダーシートの書き方ですが、イートインであれば「內用」にチェック、「桌號(テーブル番号)」を記入、食べたいものにチェックを入れ店員さんに渡しましょう。

肉鬆たっぷりの蛋餅と花生湯

軽い朝ごはんのつもりだったので蛋餅、それに豆漿かなにか飲み物を注文しようと思ったのですが、そういえば店名が「獨特花生湯」、とうことで冷たい花生湯をいただくことにしました。

肉鬆蛋餅30NTD)、花生湯・冰・小40NTD

卵焼きとともにたっぷりの肉鬆を巻いた蛋餅。肉鬆が好きな人ならたまらない一品です。

テーブルには調味料が置いてあるのでお好みで。蛋餅には醬油膏がいいですね。

というわけで醬油膏をかけていただきます。

ピーナッツがたっぷり入った花生湯(ピーナッツスープ)。ほんのり甘くてスッキリした味でなかなか美味しい。ピーナッツは柔らかく煮てあるのでホクホクした食感です。冬の寒い日には温かい花生湯が美味しそうですね。

台北の繁華街からはちょっと離れていますが近くにきたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

店舗情報

住所 台北市文山區興隆路一段293號
営業時間
21:00~10:30
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク