煎餃、水煎包、炸饅頭などがズラリと並ぶ台中の朝ごはん屋さん – 陳記早點




台中駅が高架化されて駅周辺がすっかりきれいにリニューアルされました。工事中の間は駅にたどり着くまでにかなり迂回して時間がかかっていたのですが現在では駅前もスッキリ。また以前と違って駅の正面~後面間の行き来がずいぶん容易になりましたね。台中駅の後面、いわゆる駅裏エリアにもいろいろとおすすめのお店があるのですがアクセスが悪くてあまり行くことがなかったのではないかと思いますが、これからはどんどん足を運んでほしいものですね。というわけで今回は台中駅裏エリアにある朝ごはん屋さん「陳記早點」を紹介したいと思います。

陳記早點

前台中市長もおすすめの朝ごはん屋さん

陳記早點」は台中市南区の建成路と復興園路の交差点の角地にある早餐店(朝ごはん屋さん)です。前台中市長だった林佳龍さんもおすすめしていたお店なんですよ。

早朝にもかかわらず行列ができる人気ぶりです。

騎樓(ビルの1階のピロティ部分)では餃子が次々と焼かれています。美味しそうですねー。

陳記早點」は店頭に並べられた料理から自分の好きなものを取って行くセルフサービスのようなシステム。まずはここからお皿を取りましょう。

テイクアウトの場合は袋が用意されているのでこちらに料理を入れて持ち帰ります。

饅頭蛋餅など朝ごはんの定番がズラリと並んでいます。

騎樓で焼かれていた餃子がなかなかの人気でほとんどのお客さんがお皿に取っていますね。そして減っていくたびにどんどん補充されていきますよ。

会計はこちらで。豆漿(豆乳)もここにあるので欲しい場合は注文して一緒に清算します。

席は店頭にテーブルが設置してあるので空いてる場所を見つけて座りましょう。

サンドイッチ感覚の目玉焼きを挟んだ揚げ饅頭

こんな感じで選んでみました。ではいただきま~す。

煎餃1個10NTD)、煎包15NTD)、炸饅頭加蛋25NTD)、豆漿・大20NTD

テーブルには調味料が置いてあるのでお好みで。

すっきりした甘さの豆漿(豆乳)。暑い日には冷たい豆漿がおすすめ。

煎餃(焼き餃子)はそのまま食べても美味しいのですが台中風に辣椒醬をかけていただきます。

中にはずっしりと豚肉餡が。その場で作っているので餡も新鮮です。次々と売れていくので焼き立てが食べられるのも嬉しい。地元のお客さんに人気があるのも頷ける美味しさですね~。

こちらは水煎包(メニューには煎包と書かれてます)。刻んだキャベツがぎっしりと入ってます。皮のもちもちとした食感とキャベツのシャキシャキ感が合わさってウマい。

こちらも人気の炸饅頭(揚げ饅頭)。これは目玉焼きを挟んだ炸饅頭加蛋です。

饅頭は軽く揚げてあるので食べるとサックリとしたよい歯ざわり、そして中はもっちりとした食感。これは美味しい。目玉焼きを挟むとちょっとしたサンドイッチ感覚で朝ごはんにピッタリですね。

店舗情報

住所 台中市南區建成路1737號
営業時間
6:15~10:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク