蛋餅、トーストに魯肉飯もあり、台東で人気の朝ごはん屋さん – 中華早點




台湾に来たら朝から台湾グルメを楽しみたいですよね。ホテルの朝食もいいですがやっぱり街にでて地元のお客さんに混じって美味しい朝ごはんを楽しみたいものです。台湾東部の街「台東」にも美味しい朝ごはんのお店がたくあんあります。中でも特に人気なお店が2軒あって、1つが正氣路沿いにある「早點大王」。もう1つが中華路沿いにある「中華早點」。どちらも地元ではよく知られた存在であり、台東を訪れる観光客にも人気の朝ごはん屋さんです。今回はその2軒のうちの1つ「中華早點」に行ってみましたので紹介したいと思います。

中華早點

中華路の小さな朝ごはん屋さん

中華早點」は台東の朝ごはん屋さん。蛋餅、饅頭、吐司など台湾の伝統的な朝食メニューを扱う、いわゆる「早餐店」。営業時間も早朝の5:30から始まって昼前の11:30には閉店するというスタイルです。店名の「中華早點」というのは最初、「中華風の(早點)朝ごはん」という意味かと思ったのですが、たぶん中華路にお店があるので「中華早點」なのではないかと思います。

小さいお店なので席数はわずか。店内は壁際のカウンター席のみで、店頭にいくつかテーブル席が用意されています。

注文カウンターにオーダーシートが置いてあるので1枚取って空いてる席を探しましょう。

食べたいものにチェック、テーブル番号を記入して店員さんに渡しましょう。

魯肉飯に目玉焼きを合わせていただきます

注文したのはこちら。

原味蛋餅25NTD)、魯肉飯・小30NTD)、荷包蛋二個20NTD)、鮮奶茶・冷飲・加大35NTD

蛋餅や吐司(トースト)をメニューの主力にしているお店にしては珍しく魯肉飯も売られています。この魯肉飯のお肉がなかなか特徴的。小さくトロトロに煮込まれてるのが一般的なのですが大粒で形もはっきりしています。

こちらは荷包蛋(目玉焼き)。2枚ありますよ。なぜこれを注文したかと言うと・・・

こうするため。魯肉飯といっしょに食べると美味しさアップです。

蛋餅はそれほど特徴があるわけではなく一般的なタイプ。

テーブルに調味料があるのでお好みで。

醬油膏(とろみのある醤油)をかけていただきます。

クレープのような薄い皮の中には目玉焼きが挟まれています。目玉焼き被ってますね。合計3枚食べてます(笑)。

鮮奶茶(ミルクティー)は加大、大、中の3サイズ選べます。これは一番大きい「加大」。

同じお店で蛋餅魯肉飯を食べるっていうのは初めての経験でしたね。他にも漢堡(ハンバーガー)や三明治(サンドイッチ)などメニューが豊富なので数人で来るといろんなものが注文できて楽しいですね。

店舗情報

住所 台東市中華路一段283號
営業時間
5:30~11:30
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク