台中の一中街エリアで大人気の蛋餅屋さんに行ってみました – 三喜蛋餅




台湾では朝ごはんも外食が一般的。街には朝早くから開いている朝ごはんの専門店をたくさん見かけます。ご飯もの、麺類、包子、燒餅などいろんなタイプがありますが、定番の朝ごはんとしていよく知られているのが「蛋餅」。薄く延ばした生地を鉄板で焼き上げ、卵やハムなどさまざまな具材と合わせて食べるのが一般的。台湾に行ったらぜひとも食べてみたい庶民の味ですね。というわけで今回は台中にある蛋餅が人気の朝ごはん屋さん「三喜蛋餅」を紹介したいと思います。

三喜蛋餅

若いお客さんでいっぱい

三喜蛋餅」は台中の一中街商圏にある朝ごはん屋さん。台中の夜市の中では有名一中街夜市が行われる一中街と大通りの三民路を挟んで反対側の太平路沿いにお店があります。

この日はちょっと遅めの11時前にお店に到着。「中途半端な時間なのであまり混んでないかも」との予想に反してこの混雑ぶりです。それに若いお客さんが多いですね。やっぱりこの辺りには学校が多いのが影響してるのかな?

というわけで列に並んで注文します。

こちらがメニュー。蛋餅の専門店ということで蛋餅のバリエーションが実に豊富。ネギ、トウモロコシ、チーズ、ハム、肉鬆などさまざまなトッピングの蛋餅が選べますよ。

ドリンク類のSサイズとLサイズの違いが分かりやすいようにサンプルが置いてあります。さすがにLサイズはでっかい。
注文を終えると番号が書かれた明細を渡されます。

カウンターの上部にある電光掲示板に番号が表示されるので自分の順番が来たら取りに行きましょう。ただし満席の場合はそれまでに席を確保しておく必要があるのですが、待ってる間に席が空かなかったら困るんですよね・・・ このときは運よく空いたのですが。

台湾バジルをトッピングした蛋餅

この日選んだ蛋餅はこちら。台湾バジルをトッピングした「九層塔蛋餅」です。台湾バジルって蛋餅や葱油餅では定番の食材で独特の風味があるんですよ。苦手な人もいるようですが個人的には好きなのです。

九層塔蛋餅35NTD)、冬瓜豆漿・L30NTD

飲み物は「冬瓜豆漿」のLサイズ。冬瓜茶(といってもお茶ではない)と豆乳をミックスしたものです。なかなか美味しいので興味のある人はぜひトライを。

ではさっそくいただきま~す。

パッと見た感じネギのように見えますが緑色のは九層塔と呼ばれる台湾バジル。日本でよく食べられているイタリアンバジルとはちょっと味も香りも違うんですよね。どちらかというと香草にちかいのかな? かなりたっぷり入っているので存在感があります。これがモチモチの蛋餅によく合って美味しいんですよ~。

地元でも人気のあるおすすめの朝ごはん屋さんなので台中に来たときはぜひ行ってみてくださいね。

店舗情報

住所 台中市北區太平路58號
営業時間
5:30~13:30
休日
 
FB

スポンサードリンク