三重の早餐店で食べた玉子ダブル使いの揚げ蛋餅がウマい! – 三重蛋餅大王




台北市のお隣、新北市の三重区は板橋、永和、中和と並んで台北市のベッドタウンとして知られています。あまり雑誌などで取り上げられることはありませんがここも安くて美味しい台湾グルメの宝庫。それに台北市と橋1つ隔てただけの隣街なのでMRTを使えば台北市内からでも簡単に行くことができます。大都会の台北と違って庶民的な街並みの雰囲気も感じられるので行ってみるとなかなか面白いですよ。そんな新北市の三重区から今回は昔ながらの早餐店「三重蛋餅大王」を紹介したいと思います。

三重蛋餅大王

揚げ蛋餅が人気の昔ながらの早餐店

三重蛋餅大王はMRT台北橋駅から歩いて3分ほどの場所にある昔ながらの早餐店です。

はっきりした目印がなくてボーっと歩いてると見落としてしまいます。一応看板はあるのですが、「鮑魚」と書かれたこちらがそう。下の方に小さく「早點 三重 蛋餅大王」と書かれてます。うっかり見落としてしまいますよね。何でこんな看板なんだろう(笑)。
地元のみならず台北でもそこそこ人気のあるお店なので早朝からかなりの盛況ぶりです。

小さなお店ですが一応イートインも可能。わずかにテーブル席が用意されています。

わりとシンプルなメニュー。こちらでは炸彈蛋餅などと呼ばれる油で揚げるタイプの蛋餅が三重蛋餅大王のおすすめ。特に玉子を2個使った雙蛋蛋餅というのが人気です。メニューには「双蛋」と記載されているのがそうです。通常の蛋餅より10元アップですね。

蛋餅の生地を焼くのではなく油に投入します。

生地がぷくーっと膨らんでそこに玉子を投入して更に揚げて出来上がり。雙蛋蛋餅は生地の両面に玉子を合わせるというわけです。

注文は口頭で。蛋餅を注文した人は番号札を受け取ります。混んでるときは番号を呼ばれるんだと思いますがこの日はそこまで混んでなかったのであまり番号札の意味はなかったな・・・ 呼ばれるまでもなく蛋餅が運ばれてきました。

意外に軽いサクサクの蛋餅

雙蛋蛋餅豆漿を注文してみました。

豆漿加蛋(豆乳の玉子入り?)というのが気になったんですが普通の豆漿(豆乳)を選んでしまいました。また次の機会にチャレンジしてみたいと思います。

豆漿・冰・大15NTD

こちらが雙蛋蛋餅。タレは最初からかかっています。蛋餅というよりどちらかと言うと蔥油餅に近いんじゃないかと思うんですよね。

雙蛋蛋餅40NTD

揚げているのでちょっと重たいのかと思ったのですがこれが意外にサクサクで軽い食感。そしてこのタレが美味しいんですよね~。たぶん甜辣醬じゃないかと思うんですが、蚵仔煎(牡蠣オムレツ)にかけられてるソースに似てるような気もしますね。ややピリ辛で蛋餅によく合います。玉子が2個入ってるので食べ応えもあり。これだけでしっかりした朝ごはんになりますよ。
 

店舗情報

住所 台中市南區仁義街83-1號
営業時間
12:00〜20:00
休日  


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク