台中で食べたハム、目玉焼き、肉鬆トッピングの特大蛋餅 – 一心古早味蛋餅




外食が当たり前の台湾では朝ごはんも外で食べるかまたはテイクアウトして食べるのは一般的。なのでどこの街に行っても朝ごはん屋さんがとても充実しています。台湾旅行に行ったらホテルの朝食もいいですがせっかくなら街に出て地元の人に混じって台湾の日常的な朝ごはんを食べてみたいですよね。というわけで今回は台中にある蛋餅が人気の朝ごはん屋さん「一心古早味蛋餅」を紹介したいと思います。

一心古早味蛋餅

台中孔廟近くの小さな朝ごはん屋さん

台中孔廟近くにある朝ごはん屋さん「一心古早味蛋餅」。一中街夜市で有名な一中街商圏のやや北側にお店があります。バラックのような屋台風の小さなお店なのですがここがかなり人気があるんですよ。

こちらがメニュー。店名からも分かるように蛋餅がメインのお店です。ハム入りの「火腿蛋餅」、肉鬆入りの「肉鬆蛋餅」、チーズ入りの「起士蛋餅」などいろんなバリエーションがありますよ。オーダーシートはないので口頭で注文してから空いてる席に座ります。

台湾ではありふれたスチール製のイス。この牛のマークよく見かけるんですよね。

ボリューム満点のミックス蛋餅!

注文したのは「超總匯蛋餅」。「總匯」というのはまあミックスというような意味で「總匯蛋餅」には荷包蛋(目玉焼き)、火腿(ハム)がトッピングされています。そして「超總匯蛋餅」にはそれに肉鬆もプラス。見ての通りボリューム満点です。上にのったハムと目玉焼きで蛋餅が隠れて見えません(笑)。

超總匯蛋餅45NTD

飲み物は豆漿と紅茶を合わせた「豆漿紅茶」。

豆漿紅茶・大15NTD

醤油膏(テーブルに置いてあります)をかけていただきます。

目玉焼きは絶妙の半熟加減。割ると黄身がとろーりと流れ出てビジュアル的にもたまりませんね~。

大きなハムの下にはこれまた特大サイズの蛋餅。カリっといい具合に焼けています。

中には肉鬆がたっぷりと。よくあるクレープのような生地ではなくサクサクフワフワとしたタイプの蛋餅なので食感がとてもよいです。トッピングのハムと目玉焼きだけでも立派な朝ごはんになりそうな程なので食べ応えがすごい。2人で食べてもよさそうな量ですね。台中に来たらならおすすめの朝ごはん屋さんですよ~。

店舗情報

住所 台中市北區錦中街90號
営業時間
6:30~12:00、土日7:00~12:00
休日
 
FB

スポンサードリンク