つるっと美味しい、信維市場で食べたワンタン撈麺(ローメン) – 小北方水餃館

2017042501
スポンサードリンク

台北の大安区、特に信義路周辺は台北の中でも特に近代化の進んだ整備されたエリアです。西の東門から東の台北101の辺りまで歩道が広く取られているのでゆったりと歩くことができます。自転車用のレーンもあるのでYouBikeでも安心して通ることができますね。そんなエリアにまるでそこだけ時間が止まったかのように古く雑然とした巨大なビルがあります。ビルの地下には市場が広がり、1階には小吃店がズラリと軒を並べる賑やかな場所です。今回はこのビルで営業する麺料理や餃子の美味しいお店、小北方水餃館を紹介します。

小北方水餃館

巨大な集合住宅ビルの信維市場

台北の信義路沿いにある比較的大きな郵便局、台北信維郵局と大安路を挟んで反対側にひときわ大きな古いビルがあります。ビルの地下には信維市場と呼ばれる生鮮食品や日用品を売る市場があり、1階部分には小さな小吃店が集まっていていつも多くのお客さんで賑わっています。小北方水餃館もこのビルの1階で営業する餃子、滷味、麺のお店です。
2017042502
店内はテーブルが3つほどとカウンター席の小さなスペース。
2017042503

ワンタン撈麺、滷味に卵スープ

注文は店頭で口頭で行います。
麺、牛肉麺、陽春麺、乾拌麺など麺類が豊富に揃っています。そのほか水餃子、餃子やワンタン入りのスープなどもありますね。
2017042505
滷味は店頭に食材が陳列されているので食べたいものを指さしで注文すれば食べ易い大きさに切り分けてくれます。
2017042503_1
注文を終えたら店内の席で待ちましょう。
2017042504
テーブルには調味料などがおいてあります。箸は引き出しの中に入っているちょっと珍しいタイプ。だいたい箸立ての場合が多いので無いのかと思って聞きに行きそうになりました。筷子(箸のことです)とちゃんと書いてありますね。
2017042511 2017042512
雲吞撈麵(小)70元
2017042507
ワンタイ入りの撈麺(ローメン)。撈麺というのは香港や広東でよくみられる細打ちのちぢれ麺。台湾でも燒臘店と呼ばれる店頭にローストダックを吊るした香港式のレストランに行くとメニューにある場合が多いです。

このちぢれ麺がなかなかコシがあってタレと絡めて食べると美味しいのです。ぷりぷりのワンタンも一口サイズでつるっといただけます。撈麺とワンタンのコンビネーションいいですね。
2017042508
滷味は香腸、紅燒肉、豆皮の3種選んでみました。香腸がやっぱり美味しいですねー、やや甘味のある台湾のソーセージは個人的に大好きです。

滷味香腸、紅燒肉、豆皮)(120元
2017042509
スープは卵たっぷりの青菜蛋花湯。これだけ食べて215元(約800円弱)。充分お腹いっぱいです。

青菜蛋花湯)(25元
2017042510
信維市場にはたくさんお店がありますが小北方水餃館は24時間営業なので時間を気にする必要がありません。いつでも食べたいときに行けるので便利ですよ。
2017042513

店舗情報

住所 台北市大安區信義路四段60號之40
営業時間
24時間営業
休日  


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017042501