半熟卵と魯肉で食べる悪魔のようなウマさの絶品油飯! – 珠記大橋頭油飯




台湾グルメの「ご飯もの」と言えば魯肉飯、焢肉飯、雞肉飯、排骨飯といったところ有名ですね。台湾旅行へ出かけたことがある人はどれか1つくらいは食べたことがあるのではないでしょうか。ご飯ものでは「油飯」というのもあるのですが食べたことはありますか? たぶんあまり知られてないのではないかと思います。いわゆる中華おこわなのですが、やや地味なせいか雑誌などで紹介されているのをそれほどみたことがありませんが油飯もなかなか美味しいのでぜひ食べてみてもらいたい台湾グルメなんですよ。というわけで今回は台北の油飯の人気店「珠記大橋頭油飯」を紹介したいと思います。

珠記大橋頭油飯

「バイクの滝」の近くにある油飯の人気店

やって来ました油飯の人気店「珠記大橋頭油飯」。お店が開いているのは朝7時から昼の2時まで。とはいえその人気ぶりから昼前に売り切れになってしまうこともしばしば。ということでこの日は開店間もない朝7時過ぎに訪問。

お店は「バイクの滝(機車瀑布)」で有名な台北橋のすぐ近くです。ついでに見ていってはいかが。なかなか壮観ですよ。

注文は入り口で口頭で行います。メニューはこちら。10種類のみとシンプルですが行列になってると焦ってしまうのであらかじめ紙に書くなどして用意しておくといいですよ。

おばちゃんが茶碗に盛り付けてるのが油飯。中華おこわと言えば分かりやすいですね。

ショーケースには焢肉をはじめ美味しそうな小菜が並んでいます。

注文したらその場で料理をトレイにのせてくれるのでお金を払って自分で席まで持っていきます。

料理を受け取ったら空いてる席を探して座りましょう。

油飯+魯肉+目玉焼きのコンビネーション

注文したのはこちらです~。

油飯30NTD)、焢肉45NTD)、肉焿湯45NTD)、荷包蛋15NTD

こちらが珠記大橋頭油飯おすすめの油飯です。魯肉がのっているのが特徴ですね~。

なので一見すると魯肉飯に見えるのですがあくまでこれは油飯。糯米(もち米)なのでお米の粒がツヤツヤとしてるのが分かります。
 
テーブルには甜辣醤が置いてありますのでお好みで油飯にかけて食べましょう。

とうわけで甜辣醤をかけていただきま~す・・・というのはまだ早い。

これこれ、これが重要、荷包蛋(目玉焼き)。

荷包蛋油飯にのせて・・・

箸で割れば黄身がとろーりと。これはもう日本人にはたまらないビジュアルの悪魔飯! いや、地元の人もやっぱり同じことやってる人が多いみたいですよ。考えることは同じ(笑)。

糯米(もち米)独特の一粒一粒が際立った歯応え、それに加えて魯肉、目玉焼き、甜辣醤が混然一体となって何とも言えない美味しさ。早々に売り切れてしまうのも分かる気がします。

スープは肉焿湯をいただきました。てっきりとろみのある肉団子入りのスープかと思ったのですが透明感のあるすっきりしたスープでした。肉団子の他に大根も入ってます。

焢肉も単品で注文。食べやすいように一口サイズにカットしています。中部の迫力ある焢肉に比べるとインパクトは小さいですがじっくと煮込まれた焢肉はやっぱり美味しい。今度は焢肉飯も食べてみたいですね~。

店舗情報

住所 台北市大同區民權西路186-1號
営業時間
7:00~14:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク