台東の地元で人気の麺料理店で食べた意麺と米糕 – 王子麵店




台東の名物料理といえば「米苔目」。特に人気のある「榕樹下米苔目」「老東台米台目」をはじめ台東にはたくさんの米苔目のお店があります。台東を訪れた人は必ずと言っていいほど食べているのではないでしょうか。どうしても米苔目が注目されがちですがもちろん台東には他にも美味しい麺料理のお店があります。スケジュールに余裕があれば米苔目だけでなく、そういった地元の住民に親しまれているお店にも行ってみたいものですね。というわけで今回は台東で人気の麺料理店「王子麵店」を紹介したいと思います。

王子麵店

正氣路近くの人気麺料理店

王子麵店」は台東でも特に人通りの多い正氣路の1つ隣りの和平街と福建路の交差点にある麺料理のお店です。外観を見たときに台湾でよく見かける建物とちょっと雰囲気が違ってるのが印象的。装飾などはほとんどなくて看板も小さく控えめです。

店頭にキッチンがあるのは台湾らしいですね。それにしてもガスボンベがズラッと並んでいるさまは壮観(笑)・・・

入り口にオーダーシートがあるので1つ取って空いてる席を探しましょう。

人気があるお店だとは聞いてましたがほんとにその通りですね。ほぼ満席状態です。

なんとか空いてる席を確保してオーダーシートを記入します。

メニューは意麵、油麵、米粉、麵線など麺料理が中心。台東名物の米苔目もありますね。

意麵、米糕と當歸豬腳

混んでるせいかちょっと待たされてしまいましたがようやく料理が運ばれてきました。注文したのは汁なしの「意麺」「米糕」、それに豚足入りの薬膳スープ「當歸豬腳」。

意麵・乾・小40NTD)、米糕35NTD)、當歸豬腳50NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。

まずは「意麵」。台南以外で意麺を食べるのは久しぶりですね。それにしても台湾って器に盛るときに麺をほぐさないことがよくありますね。もう慣れましたが初めて見たときはけっこうビックリしましたよ。こちらでは寧ろこの方がいいんですかね?

麺にトッピングされている滷肉だけでなく底の方にもタレが入っているのでよく混ぜていただきましょう。平打ちの麺はモチモチ感があってなかなかいい食感です。タレや滷肉と絡めて食べると美味しいですね。注文したのは小サイズですが結構ボリュームがあります。

こちらは「當歸豬腳」。當歸というのは「トウキ」という漢方に使われる植物で血行促進や滋養強壮の効果があるので、冷え性や婦人病によく効くんだそうです。これを使って食材を煮込んだものがいわゆる薬膳スープの「當歸湯」。台湾では鴨や羊肉を入れた「當歸湯」「當歸湯羊肉」などをよく見ます。

お肉はこちらのタレに付けていただきましょう。ホロホロに柔らかく煮込まれてるので骨から簡単に外れて食べやすいです。

麺料理が中心のお店ですが「米糕」もけっこう人気があるみたいです。中北部でよく見られるような円柱型の「米糕」ですね。ちょっと濃い味のおこわのような感じで美味しいですよ。

観光客はほぼいないのでローカルな雰囲気が感じられるおすすめのお店です。

店舗情報

住所 台東市和平街131號
営業時間
11:00~20:30
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク