安平のカフェのようなお洒落なお店で食べた鍋燒意麵 – 松霖鍋燒始府




台南で人気のある麺料理では「擔仔麵(担仔麺)」が圧倒的に人気ですね。旅行雑誌などでは必ずと言っていいほど取り上げられているので食べたことがあるという人も多いと思います。しかしその他に「意麵」も台南ではよく知られる人気小吃の1つなのでぜひ食べてみてほしい。中でもダシの効いたスープと具だくさんのトッピングの「鍋燒意麵」は日本人好みの味なのでおすすめです。他地域ではそれほど見かけませんが台南ではたくさんの専門店を名にします。というわけで今回は安平にある鍋焼意麺のお店「松霖鍋燒始府」を紹介したいと思います。

松霖鍋燒始府

安平のお洒落鍋焼意麺店

台南の安平にある鍋焼意麺のお店「松霖鍋燒始府 SONGLIN NABEYAKI NOODLE」にやって来ました。有名な「同記安平豆花」とはぼ同じ場所です。

外観だけ見るとちょっとお洒落なカフェといった感じです。

ではさっそく店内へ。

入り口付近のカウンターにオーダーシートが置いてあります。

2種類ありますが左の「桌號(テーブル番号)」欄のある方が內用(イートイン)用のオーダーシートですね。右のは外帶(テイクアウト)用だと思います。

料理の写真があるので参考にするといいですね。「松霖鍋燒始府」ではオーソドックスな鍋焼意麺「經典原味鍋燒」の他にも「韓式泡菜鍋燒(微辣)」「田園番茄鍋燒」「北海道牛奶鍋燒」「南洋濃咖喱鍋燒」「信州味噌鍋燒」「川味麻辣鍋燒」「法式南瓜鍋燒」などいろんなバリエーションがあります。創作鍋焼意麺といった感じでしょうか。ちょっと面白いですね。

オーダーシートを取ったら空いてる席へ。

「鍋焼意麺」と説明してきましたが実は「意麺」以外にも麺の種類が選べます。「麵食」の各メニューの右側に「意麵」「烏龍」「冬粉」「雞絲」の欄があるので食べたい麺の種類にチェックを入れましょう。でもやっぱりおすすめは意麵ですねー。記入したらカウンターに持って行って注文・清算します。

具だくさんの鍋焼意麺

アレンジされた鍋焼意麺も気になったのですが初めて来たお店なのでやっぱり基本の「經典原味鍋燒」を注文。麺は「意麵」を選択。それと小點から「台式泡菜」をいただきました。

經典原味鍋燒・意麵90NTD)、台式泡菜50NTD

小皿や調味料などはこちらに。

台式泡菜」つまり台湾風のキムチってことですね。辛さはなくて白菜の浅漬けのような感じです。
さてこちらが「經典原味鍋燒」。豚肉、魚板(かまぼこ)、蛤蠣(はまぐり)、蟹肉棒(カニカマ)、ヤングコーンなどとっても具だくさんなのが鍋焼意麺の特徴。

半熟卵も入っています。豚骨と野菜から取ったあっさり味のスープに黄身を溶かすとよりまろやかな味に。名前や見た目から鍋焼うどんの味を想像させるのですがかなりスッキリした味なんですよ。

鍋焼意麺と言えばやっぱりこの一度油で揚げた意麺を使っているのが特徴。モチモチ感はそれほどありませんがスープを吸ってより美味しさが増します。
こちらは付属の調味料。ネギとたぶん沙茶醬かな。

沙茶醬は好き嫌い分かれるかもしれませんが苦手でなければぜひスープに加えて食べてみてください。いっそう風味がよくなりますよ。

ずいぶん新しいお店に見えるんですが意外にも25年以上も営業を続けているんですよね。創作的なメニューなど他の老舗の鍋焼意麺店とは一線を画すお店です。今度来たらぜひ変わり種の鍋焼意麺も食べてみたいですね。

店舗情報

住所 台南市安平區安北路427號
営業時間
11:00~21:00、日10:30~21:00
休日
 
HP
FB

スポンサードリンク