意麺はもちろん水餃子が最高に美味しい新美街の意麺店 – 恭仔肉燥意麵




台南の麺料理と言って思い浮かべるのはやはり「擔仔麵(担仔麺)」でしょうか。旅行ガイドブックに紹介される定番となっているのでそういった印象を持っている人は多いと思います。しかし台南に何度も行ったことがある人ならおそらく「意麵」をあげますよね。シンプルなトッピングだけの意麺、鱔魚(田ウナギ)といっしょに甘辛いタレで炒めた鱔魚意麺、揚げ麺を使って鍋で煮込んだ鍋燒意麺などいくつかの種類があり台南にはたくさんのお店があります。今回はそんな台南の意麺店の中から70年以上の歴史を持つ老舗「恭仔肉燥意麵」を紹介したいと思います。

恭仔肉燥意麵

創業70年を超える老舗意麺店

恭仔肉燥意麵」は台南市中心部の新美街にある意麺の専門店。民生路から「阿田水果店」の脇の新美街に入ってすぐの場所にお店があります。

看板にも書いてあるように創業70年を超える老舗の意麺店です。70年っていうと古いお店が多い台南でもかなりのものですね。

入り口にメニューがあるので1つ取って空いてる席へ。

台湾の小吃店ではお馴染みのスチール製のテーブルに紅椅頭(アンイータウ)と呼ばれる赤いプラスチック製のイス。まさに絵にかいたような台湾の食堂の雰囲気ですねー。

オーダーシートではないのでこのメニューを見ながら店員さんに口頭で注文します。メインはもちろん意麵ですが水餃子もなかなか人気があります。ちなみに108年って何のことなんでしょうね。民國歴のことなら108年は今年(2019年)なので今年で創業70年っていうことでしょうか?

ジューシーな餡の水餃子が美味い!

注文したのは汁なしの意麵と水餃子、それに魯菜から大腸頭をいただきました。

意麵・乾・小45NTD)、老恭招牌水餃60NTD)、大腸頭70NTD

箸や調味料はテーブル置いてあります。

意麵はスープありとスープなしがありますが個人的におすすめはスープなしの方。意麺にはお肉と白菜、それにエビがトッピングされています。エビがのってるのってあまりないんじゃないかな。

底の方に肉燥のタレがあるのでよくかき混ぜていただきましょう。麺はなかなかモッチリとした歯ごたえがあっていい食感です。タレが麺によく絡んで美味しいですねー。小サイズですがけっこうボリュームもありますよ。

意麺・乾には無料でスープがついてきます。刻んだセロリが入ったあっさり味のスープです。

魯味のメニューから大腸頭をいただきました。じっくり煮込まれてるのでとても柔らかくて美味しいです。これ1皿が70元で実は意麺や水餃子よりも高いという・・・ 

こちらはおすすめの「老恭招牌水餃」。1皿に水餃子が10個です。

あくまで意麺がメインなのでそれほど期待してなかったのですがこの水餃子が美味い! 食べると餡からジュワっと肉汁が溢れてきてとってもジューシー。軽い食感(餃子に軽いというのもちょっとへんですが)で1人で10個くらいはパクパクと食べれてしまいますよ。意麺ももちろん美味しいのですがこれは水餃子だけでも食べに来たくなる美味しさですねー。

店舗情報

住所 台南市中西區新美街32號
営業時間
11:00~23:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク