高雄で食べた旨味がギュッと詰まった鴨肉と鴨肉粄條 – 月娥鴨肉




台湾では鴨肉料理のお店をよく見かけます。鴨肉料理って日本ではそんなにどこでもお店があるようなものでもないし、ちょっと高級なイメージがありますよね。でも台湾には安くて美味しい鴨肉料理のお店がたくさんあるんですよ。また鴨肉飯、鴨肉麺、鴨肉の薬膳スープ、鴨肉の滷味、鴨の血を使った鴨米血など料理のバリエーションも豊富です。というわけで今回は高雄の中央公園近くにある鴨肉料理の老舗「月娥鴨肉」を紹介したいと思います。

月娥鴨肉

中央公園近くの鴨肉料理の老舗

月娥鴨肉」は高雄の中央公園近くにある鴨肉料理店。MRT中央公園駅から歩いて10分弱ほどの自強二路沿いにお店があります。50年以上の歴史がある老舗のようです。

山積みにされた鴨肉。これは燻製かな、美味しそうですね~。

入り口近くにオーダーシートがあるので1枚取って空いてる席へ。

入り口を入って左の部屋に席があります。店頭にも席があるので空いてなければそちらへ。

月娥鴨肉」では鴨肉飯はなくて鴨肉麺が主体のようですね。麺は「米粉」「油麵」「冬粉」「粄條」の4種類から選ぶことでできます。またそれぞれ「乾(スープなし)」「湯(スープあり)」「焿(とろみスープ)」が選択可。

鴨肉は「全鴨」「半鴨」「1/4鴨」「鴨腿/腿仁」と量がはっきり書かれているので注文しやすいですね。1人なら「鴨腿/腿仁」がおすすめ。空欄にチェックを入れて鴨腿か腿仁のどちらかに丸をつければOK。

鴨肉と客家料理の粄條の組み合わせ

注文したのは汁なしの「鴨肉粄條」「鴨腿」「豆芽韭菜+鴨腸」です。「豆芽韭菜+鴨腸」が予想以上に量が多くてちょっとビックリ。汁物にしとけばよかったかな・・・

鴨肉粄條・乾60NTD)、鴨腿55NTD)、豆芽韭菜+鴨腸50NTD

箸、調味料はテーブルに置いてあります。

鴨腸をモヤシ、ニラといっしょに炒めた「豆芽韭菜+鴨腸」。鴨肉料理のお店に行くとたいてい置いてあって個人的に好きなのでよく注文します。鴨腸のコリコリした食感ともやしのシャキシャキした食感がよい。

麵類から選んだ汁なしの「鴨肉粄條」。

しっかり鴨肉もトッピングされてます。

粄條」というのは客家料理でお米から作られた麺です。ご覧のように平らな形状が特徴。モチモチとした食感で風味もいいですね。

鴨肉の中から選んだ「鴨腿」。1人分ならこれくらいでちょうどいいですね。鴨肉は基本的に煙燻(燻製)のようですね。旨味がギューっと詰まっているお肉はとってもジューシーで食べると肉汁が溢れてきます。鴨肉麺にもお肉はついてますがやっぱりこれはこれで食べたい。

この日は注文しなかったのですが「鴨胗」「鴨肝」「鴨舌」「鴨翅」などの滷味もおすすめですよ。

店舗情報

住所 高雄市前金區自強二路72號
営業時間
11:00~19:30
休日

スポンサードリンク