台東観光夜市の屋台で食べた煮込みの揚げ物 – 何記東山鴨頭




台東で最も知名度のある夜市は「台東観光夜市」。市内中心部の中山路と博愛路に挟まれた正氣路という通りで木曜から土曜の週3日開催されます。繁華街の中でも特に賑やかなエリアにあるので比較的アクセスも便利な夜市です。「台東観光夜市」が開催される正氣路は昼間は果物屋さんが立ち並ぶ水果街として賑わっています。そして夜になると屋台が立ち並び夜市へと姿を変えます。さまざまな人気屋台が軒を連ねる「台東観光夜市」ですが今回はその中から「何記東山鴨頭」を紹介したいと思います。

何記東山鴨頭

台東観光夜市の入り口で営業する屋台

中山路から台東観光夜市に入ると最初に目にするのがこちら「何記東山鴨頭」の屋台。以前紹介した同じ夜市内にある「台南阿明東山鴨頭」は夜市の一番北の端にあるのに対してこちらは一番南、夜市の入り口付近で営業しています。台東観光夜市は木曜から土曜の週3日開催されていますが「何記東山鴨頭」は夜市の開催日以外でも屋台を出しているようです。

真っ先に見た屋台って「もうちょっと中を見てから・・・」と意外にスルーされがちなんですよね。このときも実はそうだったんですが他のお店もじっくり見た後に立ち寄ってみました。


こちらのボールとトングで好きな食材を選んでいきます。

各食材の名前と金額も書いてあるので分かりやすい。

鴨の各部位を煮込んだものをはじめ練り物系や野菜などいろんな食材が並べてあります。

好きなものを選ぶのはもちろんですが、ちょっと見たことのない変わった食材を選んでみるのもいいですね。

お馴染み鴨の頭も山積みにされております。

こんな感じで選んだら店員さんに渡します。以前紹介した「台南阿明東山鴨頭」で鴨のいろんな部位を食べてみたので今回はちょっと違う食材を選んでみました。(「台南阿明東山鴨頭」で選んだ食材は下記記事を参考にしてください)

台東観光夜市の屋台で鴨の頭を食べてみよう - 台南阿明東山鴨頭

2019.11.10
選んだ食材を店員さんに渡すと「要不要辣?」と辛いのがよいかどうか聞かれるので、辛くしたければ「要」、辛くない方がいいなら「不要」と答えましょう。その後店員さんが軽く油で揚げて食べやすいようにカットしてくれます。

ビールのつまみに最高

というわけで購入しました。ホテルに持ち帰っていただきます。

選んだ食材はこちら。ちょっと練り物系多めですね。

四季豆(30NTD)、花枝丸(30NTD)、屁股(30NTD)、甜不辣(20NTD)、米血(20NTD

滷味や鹽酥雞でもよく見かける「四季豆」。油で揚げてますがみずみずしさが残ってるのでシャキシャキして美味しいですよ。

花枝丸」というのはイカ団子のことです。甜不辣など他の練り物系よし歯応えがありますね。よく味が染みてて美味しいです。

こちらはお尻の部分のお肉「屁股」。ちょっと定かではありませんがたぶん鴨ではなくて鶏かな。プリプリした食感がいいですねー。

これも滷味・鹽酥雞系の屋台でお馴染みの甜不辣(テンプラ)。これはもう安定の美味しさです。

この真っ黒い塊は「米血」というもち米を鴨の血で固めたものです。臭みなどはなくモチモチした食感で意外に美味しいんですよ。もち米だけにけっこうお腹にたまります。

どの食材も良く煮込んで濃いめに味付けされてるのでビールのつまみにはピッタリですね。今回紹介した以外にも食材の種類がかなり多いので大人数でいろんなものを選んでみんなでワイワイ言いながら食べるのがおすすめですね。

店舗情報

住所 台東市正氣路283-295號
営業時間
16:45~23:15
休日
 

スポンサードリンク