ピリ辛ダレが決め手! 高雄で食べた安ウマ小籠包 – 港都金口福小籠湯包專賣店




高雄で人気のあるグルメスポットと言えばMRT美麗島周辺、MRT鹽埕埔駅周辺、三民市場、MRT巨蛋駅周辺、文化中心周辺といったあたりでしょうか。これらのエリアには美味しいお店がたくさんあって街歩きが楽しいですね。しかし観光客があまり足を運ばない場所にも必ず地元の住民に親しまれる良店があるんですよね。高雄にはMRTがあるのでちょっと遠いところでもわりと簡単に行くことができるのでどんどん開拓していきたいですね。というわけで今回は台鉄楠梓駅近くにある小籠包の人気店「港都金口福小籠湯包專賣店」を紹介したいと思います。

港都金口福小籠湯包專賣店

台鉄楠梓駅近くの小籠包専門店

港都金口福小籠湯包專賣店」は高雄にある小籠包の専門店。というよりも早餐店(朝ごはん屋さん)といった方がしっくりくる感じのお店ですね。店名の通りメニューは小籠包(とスープが2種類)のみですが朝4時半という早朝からオープンして昼過ぎには閉まってしまいます。

お店は高雄市中心部の繁華街からはかなり離れた楠梓區という場所にあります。最寄り駅はMRT都會公園駅、または台鉄楠梓駅。MRT都會公園駅からは歩いて15分ほど、台鉄楠梓駅からは歩いて7、8分ほどです。

店頭にはセイロが山積み。湯気がもうもうと上がっています。

まずはカウンターで注文します。

一応オーダーシートがあるんですけどね。ほとんどのお客さんは口頭で注文してました。どちらでもいいと思いますが、まあメニューは限られてますので口頭でもそれほど難しくはないですね。

飲料は冷蔵庫に入っているので飲みたいものがあれば自分で取ればOK。

注文したら空いてる席に座りましょう。テイクアウトしていくお客さんが多いのでそれほど混んでませんね。

ピリ辛ダレで旨さ倍増の小籠包

注文して10秒もたたないうちにあっという間に出てきました。小籠包は7個で70元。安いですね。

小籠湯包70NTD)、咖啡牛奶20NTD

こういうとき飲み物は豆乳か紅茶を注文することが多いのですがこの日はコーヒーを注文してみました。この手のお店の紅茶やコーヒーは最初からあまり期待はしてませんが予想通り「ん、コーヒー?」という味。まあそんなもんです(笑い)。

箸や調味料はテーブルに置いてあります。このちょっと大きな入れ物に入ったタレがこのお店では重要なのです。

中はネギとニンニクがどっさりと入ったピリ辛醤油ダレ。

このタレを小籠包にたっぷりとかけていただきます。

1つの大きさが通常の小籠包より一回りほど大きいですね。

あっという間に出てきたので正直作り置きなんじゃないかと思って甘く見てましたが予想に反して実に美味しい。旨味たっぷりのジューシーな餡がゴロっと入っていてスープもたっぷり。それに何と言ってもピリ辛ダレがよく合って美味しさが増していますねー。これで70元というのは安い。1個のサイズがわりと大きいのでなかなか食べ応えもあります。朝ごはんに食べるにはピッタリですね。

ちょっと遠いのですが足を延ばして食べに行く価値ありの小籠包です。

店舗情報

住所 高雄市楠梓區建楠路52號
営業時間
4:30~14:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク