知る人ぞ知る台南のふっくらミニ肉まんタイプの小籠包 – 貓舌頭小籠包




小籠包と言えば台湾グルメの筆頭格ですよねー。おそらく台湾旅行へ行く大部分が人が必ず食べる料理なのではないでしょうか。現地では「小籠湯包」と表記されてるのをよく見ますが、その名の通り薄皮でスープたっぷりなのはまさに日本人のイメージする小籠包。しかし台湾にはそれとは違うモッチリ生地に豚肉餡がゴロっと入ったミニ肉まんのような小籠包もあってこれが意外に美味しい。台中の「葉小籠包」や花蓮の「公正包子」などがこのタイプの小籠包としては有名です。今回は台南で見つけた知る人ぞ知る美味しいミニ肉まんタイプの小籠包のお店「貓舌頭小籠包」を紹介したいと思います。

貓舌頭小籠包

閑静なエリアで営業する隠れ家小籠包店

貓舌頭小籠包」は台南公園の北側を通る和緯路から旭日街に入ってすぐの場所にある小さな小籠包の専門店です。この辺りは建物もややまばらでお店の数もそれほど多くない閑静なエリアですねー。早朝なので人通りもなく尚更静かですよ。

おそらく元は車庫か何かだったのであろう場所を店舗がわりにして営業しています。なので見ての通りイートインスペースはなくテイクアウト専門のお店です。

店頭にはセイロが山積みにされています。

メニューは小籠包と紅豆包(あんまん)のみ。それと紅茶や豆漿(豆乳)などのドリンクが数種。小籠包と紅豆包は1籠5個入りですが1個からでも購入可能。小籠包の方は5個だと5元割引になるようです。

小籠包を注文したらタレを取っていきましょう。赤い方は辛いのでお好みで。

生地が厚めのフカフカ小籠包

というわけで小籠包を1籠(5個)注文。台南公園のベンチでいただきます。

小籠包と一緒に豆漿(豆乳)も購入。

鮮肉厚皮小籠包・5顆45NTD)、豆漿・小杯15NTD

鮮肉厚皮小籠包」という名前の通り生地が厚めの小籠包。一見すると小ぶりの肉まんみたいですね。

タレをかけていただきます。

箸ではなくフォークが付いてるのがちょっと珍しい。ふっくらモチモチの生地の中にはジューシーな豚肉餡がゴロっと入っています。これがほんとにウマい! スープたっぷりの小籠湯包でもなく大きくてフカフカの肉包でもなくその中間のような小籠包ですねー。どれもそれぞれ美味しいんですが個人的にこのタイプの小籠包は大好きなんですよ。パクパクとあっという間に食べてしまいました。朝食に食べるにはこの手の小籠包の方が合ってるような気がしますね~。

店舗情報

住所 台南市北區旭日街103號
営業時間
6:00~10:00、14:00~19:00
休日
土日
FB


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク