台南で食べたカリカリ羽根つきカレー味の小籠包 – 郭記蒸好味湯包




台湾人も認める美食の街「台南」。安くて美味しいものがたくさんありますが中でも台南グルメと言えば牛肉湯、意麵、鱔魚意麵、サバヒー、𩵚魠魚羹などが有名ですね。どれも他の地域ではそれほど多く見かけませんが台南ならあちこちで目にします。もちろんそれらだけでなく台湾各地で見られる一般的な料理でも美味しいお店がたくさんあるんですよ。「台南に旅行に来たからにはやっぱり台南名物を」となりがちですがぜひそれ以外の人気店にも足を運んでほしいところです。というわけで今回は民生圓環というロータリー沿いで営業する小籠包の専門店「郭記蒸好味湯包」を紹介したいと思います。

郭記蒸好味湯包

民生圓環の人気小籠包専門店

郭記蒸好味湯包」は台南の民生圓環というロータリー沿いで営業する小籠包の専門店です。

店内席はなく食べるならテイクアウトか店頭に設置されたテーブル。キッチンは奥にあるので表からは見えないという、小吃店というよりフードスタンドと言った方がしっくりくるタイプのお店です。

注文カウンターの横にオーダーシートが置いてあるので1枚取って空いてる席に座りましょう。

席は店頭にいつくかテーブルが置いてありますよ。

テイクアウトなら「內用」の欄にチェックを入れます。食べたいものにもチェックを入れたらカウンターに持って行って注文しましょう。

待っている間にタレを作っておきましょう。箸やスプーンなどの餐具もここから取って行きます。

カリカリ羽根つきの小籠包

小籠包には2種類あって、1つはセイロで蒸した一般的なもの、もう1つは蒸した小籠包を鉄板で焼いたものです。白菜入り、ニラ入り、さらにはカレー味の小籠包もあるんですよ。また焼いた方には臭豆腐の小籠包なんていうのもあります。今回注文したのは焼いたタイプを2種類。通常の「薄皮生煎」とカレー味の「咖哩生煎」です。

薄皮生煎65NTD)、咖哩生煎65NTD)、玉米濃湯(コーンスープ)(20NTD

こちらは通常の豚肉餡の「薄皮生煎」。ちょっと分かり難いですが鉄板で焼いたときに出来る羽が付いています。

ネギと黒ゴマが添えてあって見た目もちょっとかわいいですね。

中には豚肉餡がずっしりと。分かり難いですがスープもしっかりと入っています。焼いているので香ばしさも感じますねー。

カレー味の「咖哩生煎」。色はまるっきりカレーですね(笑)。

色だけでなく食べてはっきり分かるほどしっかりしたカレーの味。いや、意外に美味しいですよこれ、小籠包にカレー味って合うんですね。

白菜、ニラ、ヘチマなどの小籠包もぜひ食べてみたいですねー。また今回は食べませんでしたが今度来たらぜひ臭豆腐の小籠包を食べてみたいと思います。

店舗情報

住所 台南市中西區青年路5號
営業時間
11:30~22:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク