地元民も通う、通化街の安くて美味しい小籠包 – 正好鮮肉小籠湯包

2016091201
スポンサードリンク

小籠包といえばやっぱり鼎泰豐の名前が先ず出てきますよね。その他、京鼎楼、明月湯包、杭州小籠湯包などは日本人にもよく知られて人気店となっています。でも地元の友人は口を揃えて「なんでわざわざそんなとこに行くの? もっと安くて美味しいところに連れてってやるよ。」と(笑)。ここもそんなお店の1つです。

正好鮮肉小籠湯包

場所は臨江街夜市近く

場所は臨江街観光夜市付近の路地裏。屋台が軒を連ねるメイン通りの通化街から「通化街57巷」という脇道に入ります。そこからすぐ、30mほど歩いた場所にお店があります。
2016091202
※画像は维基百科より引用
到着しました。店頭で小籠包を蒸し上げる蒸気がもうもうを上がっています。早く食べたいと気がはやります(笑)。正好鮮肉小籠湯包は本店は宜蘭にあり、ここ台北のお店は支店にあたるそうです。鼎泰豐や京鼎楼のような大きな店舗とは違い、小さなイートインスペースといい店頭で調理する姿といい、本当に街中で良く見かける小吃店といった感じです。
2016091203
店内はテーブル3卓とカウンター数席の小スペースでいかにも地元の人が通うお店といったローカル感が溢れてます。2016091209

メニューは小籠包と酸辣湯の2つのみ

メニューは湯包一籠(小籠湯包1セイロ)と酸辣湯の2種のみ。台湾では比較的メニューのバリエーションを豊富にするお店が多いように感じますが、このシンプルさはには何かこだわりを感じますね。メニューを絞るとことでむしろ良店と評価する傾向のある日本人に対しては好印象なのではないでしょうか。
2016091204
まず酸辣湯(35元)が運ばれてきました。胡椒がたっぷり。よく混ぜていただきます。具だくさんでほどほどの酸味、そして胡椒がきいてて美味しい。ボリュームも1人だとちょっと多いくらいです。

酸辣湯(35元)
2016091205

スープたっぷり、いくらでも食べれそう

そして蒸したての小籠湯包(90元)も来ました。8個で90元! 鼎泰豐が10個で200元ほどなのでほぼ半額です。しかも1個の大きさはやや大ぶり。

小籠湯包(90元)
2016091206
薄皮で中にはスープがたっぷり。味がしっかりして美味しい、しかもあっさりしてるのでいくらでも食べれそうです。あっという間に完食してしまいました。もう1皿くらい余裕で食べれたと思います。2016091207
何もなしでも充分美味しいので是非そのまま食べてもらいたいです。もし物足りないと感じた人はお好みでどうぞ。因みに「烏醋」とはウスターソースのことです。
2016091208

店舗情報

住所 台北市大安區通化街57巷6號
営業時間 17:00~0:30
休日 なし


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2016091201