つるっとした食感が楽しい寧夏夜市の仙草ゼリー – 甘記燒仙草

2017012701
スポンサードリンク

マンゴーかき氷や豆花の影に隠れて日本人観光客にはやや目立たない存在という感がある仙草ゼリー。ほどよい甘味とつるっとした心地よい食感で食べてみると美味しいんですよ。大紅豆(ウズラ豆)や芋圓(タロイモ団子)、地瓜圓(サツマイモ団子)といったトッピングと一緒に食べる仙草ゼリーは派手さや強烈なインパクトはありませんが、きっとまた食べたくなる親しみやすい台湾スイーツです。今回は寧夏夜市にある絶品の仙草ゼリーのお店を紹介します。

甘記燒仙草

寧夏夜市が行われる寧夏路沿いのお店

甘記燒仙草の場所は寧夏夜市なのですが、夜になると道路の上でお店を開く屋台ではなく道路沿いの建物に実店舗を持っています。その為夜だけでなく日中も営業してますので誤解の無いように。
2017012702
それにしても、メニューだらけ・・・ 外観ほとんどメニューで埋め尽くされてます(笑)
メニューに日本語も併記しているところを見るとやっぱり寧夏夜市に来る日本人のお客さんを意識してるのでしょう。マンゴーかき氷なんかもあるのはその為ですかね。写真を見るとついつい心を奪われるのですがここはやはり仙草ゼリーを食べて欲しいところ。
2017012703
2017012704
2017012705
バリエーション豊富なトッピングがスタンバイ。仙草ゼリー自体はそれほど味が強くないのでトッピングが重要になってきます。
2017012706

飽きない美味しさの仙草ゼリー

注文を済ませたら席に着いて待ちます。店内席は無く店頭の路上に設置してあるテーブル席のみ。テーブルにもメニューがベッタリ(笑)。
2017012707
2017012708
つやつやの仙草ゼリー! こうして見るとビジュアルもなかなかのものなんですが、やっぱり色合いのせいでしょうか。フルーツ系のかき氷のルックスに比べると黒、茶色・・・ですもんね。
ボリュームが結構あるので2人で1つでも充分だと思いますよ。

仙草奶凍冰(60元)
2017012709
仙草奶凍冰は牛乳のことなんですがどうみても牛乳の面影はないですよね。その変わりこれが付いてます。そうコーヒーフレッシュ。これがというわけで・・・
2017012710
コーヒーフレッシュをかけてみました。なんだかコーヒーゼリーに見えます(笑)。あくまで個人的な感想なのですが、コーヒーフレッシュをかけなくても充分美味しいんですよね。いや、むしろかけない方が美味しいような・・・ まあ、そこはお好みということで、食べ比べてみて頂ければと思います。
2017012711
プルプルの仙草ゼリー。ほんのり甘く、つるっとしたのど越しが最高。
2017012712
トッピングの大紅豆(ウズラ豆)。甘く煮込まれてホクホクの食感。仙草ゼリー自体の味が控えめなので重要な存在です。
2017012713
芋圓(タロイモ団子)と地瓜圓(サツマイモ団子)。こちらはクニャっと歯ごたえが良く、芋の優しい甘味が美味しいですね。3種類の違った食感が楽しめるおすすめのメニューですよ。
2017012714
仙草ゼリーって派手さが無い分飽きにくいんですよね。甘ったるくなくて自然な感じのほどよい甘さなので食べた瞬間のインパクトは小さいですが、また食べたいなぁ・・・としみじみ感じる美味しさです。
2017012715

店舗情報

住所 台北市大同區寧夏路30-4號
営業時間
13:00〜1:00
休日 不明

スポンサードリンク
2017012701