保安市場近くで食べた鰆フライのあんかけスープ – 呂記𩵚魠魚羹

スポンサードリンク

牛肉湯、サバヒー、肉燥飯、鱔魚意麺などと並ぶ台南の名物料理の1つが𩵚魠魚羹。サクサクに揚げられたサワラのフライに熱々の甘酸っぱいとろみスープをかけたシンプルな料理なんですがこれが絶品の美味しさ! それに数ある台南の小吃の中でも日本人好みの味だと思いますよ。他の都市ではあまり見かけない料理なので台南に来た人だけが楽しめる特権ですね。というわけで今回は台南の保安市場近くにある𩵚魠魚羹の専門店、呂記𩵚魠魚羹を紹介します。

呂記𩵚魠魚羹

保安市場近くの𩵚魠魚羹の人気店

呂記𩵚魠魚羹は保安市場の近くにある𩵚魠魚羹の専門店。正面はこちらの群西路沿いですが保安市場がある反対側からも出入りができるみたいです。1978年創業ということなので40年ほどの歴史があるかなりの老舗なのです。
2018012102
店頭に調理スペースがあるという台湾ならではの店舗スタイル。テーブルもあってここで食べることもできますよ。
2018012103
こんがりキツネ色に揚がったサワラが山積みにされてます。これがサックリとした食感で美味しいんですよね〜。
2018012104
もちろん店内で食べることもできます。
2018012105
お店の裏側まで筒抜けになってます。裏から出ると正面には保安市場がありますよ。
2018012106

サクサクの鰆フライにに甘酸っぱいスープが絶妙

お品書きは「紅燒土魠」となってますがこれが「土魠魚羹」のことです。大サイズが75元、小サイズが60元です。それにしてもこの字体って何でしょうね?
2018012107
カリッと揚がったサワラにとろみのある半透明のスープをかけた紅燒土魠。スープにはキャベツが具として入っていて、香菜と黒いタレ(醤油?)が少々かけられています。麺が米粉と麺(普通の麺)を選ぶことができます。両方を半々にすることもできるようです。

紅燒土魠60NTD
2018012108_1
カツオ節、塩、砂糖などを使用して作られた土魠魚羹のスープはとろみがあって甘酸っぱい味が特徴。これがサクサクの鰆フライに絡むと絶品なんですよね〜。

普通の麺を選んでみました。コシはほぼ無くてかなり柔らかいですね。歯ごたえのある麺が食べたければ米粉を選んだほうがよいかもしれませんね。

以前に比べてちょっと値段が上がっているようですがそれでもまだまだ安くて美味しい土魠魚羹が食べられるのは台南に来た人だけの特権ですね〜。
2018012112

店舗情報

住所 台南市中西區郡西路47號
営業時間
6:00〜14:30
休日  


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク