台南駅裏エリアの絶品サワラフライのスープを食べよう – 開元土魠魚羹

2017043001
スポンサードリンク

もうすっかり日本人にも人気の旅行先となった台南。最近はメディアで取り上げられことも増えてますます注目されていますね。そしてこれまでは赤嵌楼、台南孔子廟、神農老街、林百貨などがある台南駅の正面側(西側)が主な観光スポットとして紹介されていましたが、最近では反対側の駅裏のエリアも少しずつ注目され始めているようです。駅裏は成功大学が広範囲に広がり、その周辺に学生向けの商店街、住宅街などがある比較的落ち着いた雰囲気という印象です。あまり観光向きのエリアではないかもしれませんが地元住人に親しまれる美味しいお店がたくさんあるんですよ。今回はこの駅裏エリアの人気店、開元土魠魚羹を紹介します。

開元土魠魚羹

駅裏エリアの人気店

開元土魠魚羹は台南駅のやや北東、開元路と長栄路の交差点付近、駅の後面と呼ばれる、つまり駅裏のエリアにあり、店名の通り台南では定番料理の1つ、サワラのフライ入りスープ、土魠魚羹が人気のお店です。

お店の前には道路を挟んで開元振興公園が広がっていて広々として気持ちのいい、駅正面側の繁華街とはまた違った雰囲気のあるエリアですね。
2017043002
店内席の他、店頭にもテーブルがズラーっと並んで、いかにも台湾の小吃店という雰囲気がたまりませんね。観光客らしき人はほぼ見られず、地元のお客ばかりです。
2017043003
それにしてもすごい人気。店内席、店外席どちらもお客さんで賑わっています。
2017043004
2017043005
2017043006
2017043007
2017043008
2017043009

サクサクのサワラと甘酸っぱいスープが絶妙

オーダーシートは無さそうだったので口頭で注文します。もちろんサワラのフライ入りスープ、紅燒土魠を注文。スープは麺入りか米粉入りを選ぶことができます。

紅燒土魠の他、碗粿(すりつぶしたお米を蒸したちょっと固い茶碗蒸しのような料理)も結構人気があるみたいですね。食べているお客さんがちらほらと見られました。
2017043010
注文を終えたら席で待ちます。
2017043015
紅燒土魠、いつもは米粉を選ぶことが多いのですが今回は麺を選んでみました。

紅燒土魠・麺(小)70元
2017043011
サワラのフライはやや粗めの衣で揚げられています。ここがポイントで、衣が細かいとすぐにフニャフニャになってしまうのですが、これぐらいの粗さだとしっかりとサクッとした歯ごたえが残るので食感がよく美味しいのです。
2017043012
麺は一般のラーメンの様な感じですね。コシはそれほどなくちょっと柔らかめです。これもスープと絡めて食べると美味しいですよ。米粉はもっと極細の麺なのですが、束の様な状態になっているのでコシを求めるのなら米粉の方がいいかもしれません。
2017043013
肉燥飯も注文。肉がちょっと大きめの印象。25元はさすがの安さです。

肉燥飯25元
2017043014
住宅街という印象のある駅裏ですが、この辺りは結構お店がたくさんあって人通りの多い場所です。なかでも開元土魠魚羹はかなり賑わっていますね。地元のお客さんが多いということはそれだけ美味しいお店という証拠ですね!
2017043016

店舗情報

住所 台南市北區開元路富台新村10-1號
営業時間
8:00〜19:00
休日  


おすすめ記事


おトクに台湾旅行に出かけよう

スポンサードリンク
2017043001