雙連朝市に行ったら肉餡入り白玉団子の鹹湯圓を食べよう – 燕山鹹湯圓




かき氷や豆花のトッピングでお馴染みの湯圓。日本で言う白玉団子のようなもので、食べたことがあるという人も多いのではないでしょうか。中にごま餡やピーナッツ餡が入っているものもありおやつに食べるものというイメージがありますよね。ところが台湾では中に豚肉餡が入っている「鹹湯圓」というのもあるんです。スープに入れて食べるのが一般的なのですがこれがなかなか美味しい。機会があればぜひ食べてみてほしい台湾小吃です。というわけで今回は台北の雙連朝市近くにある「鹹湯圓」のお店「燕山鹹湯圓」に行ってみましたので紹介したいと思います。

燕山鹹湯圓

朝市からちょっと外れた場所にあるお店

雙連朝市をMRT雙連駅からMRT民権西路駅の方へ歩いて行くと途中で文昌宮という廟があります。その廟の脇道へ入ってちょっと歩くと「燕山鹹湯圓」が見えてきます。

店名にもあるように「鹹湯圓」が看板メニュー。湯圓というのは日本で言う白玉団子のようなもので台湾では冬至に食べる習慣があるんですよね。その湯圓に豚肉餡が入っているのが「鹹湯圓」です。

オーダーシートは無いので店頭で注文して空いてる席に座りましょう。


メニューはこちら。「鹹湯圓」には豬肝や粉腸といったモツ入りのものもあります。また湯(スープ)、麵を選ぶことができるようです。その他にも餛飩(ワンタン)、乾意麵、肉粽、碗粿といったメニューも。

滑らかな白玉団子と豚肉餡が絶妙の組み合わせ

というわけで「鹹湯圓」と「肝連」を注文してみました。

鹹湯圓・湯(50NTD)、肝連50NTD

箸や調味料はテーブルに置いてあります。

これは「肝連」。豚の肝臓周りにあるお肉です。こういったお店ではよく見かけるのですがけっこう歯応えがあって好きなんですよね。

それでは鹹湯圓をいただいてみましょう。

こうして見るとおやつに食べっる白玉団子となんら変わりませんよね。

鹹湯圓の皮の部分はまさに白玉団子といった感じ。ツルンとした食感でとっても滑らかな。そして中には豚肉餡がズッシリと詰まっています。ほんのり油蔥の風味が感じられる餡は旨味がしっかりしてワンタンや水餃子とはまた違った美味しさがありますね~。

早朝から開いているので雙連朝市に来たついでに朝ごはんに食べるのがおすすめです!

店舗情報

住所 台北市中山區民生西路45巷9弄12號
営業時間
7:00~19:00、土7:00~15:00
休日

スポンサードリンク