台中第五市場に行ったら食べたい肉餡入り白玉団子のスープ – 味香湯圓之家




台湾の朝ごはんといえばどんなものをイメージするでしょう? 豆乳に蛋餅、燒餅、飯糰、包子などなど、いかにも中華風で美味しそうですよね。サンドイッチ、ハンバーガー、トースト、それに飲み物はミルクティー。意外にこれらも台湾では一般的なんですよね。台湾に来たら朝ごはんから美味しいものをお腹いっぱい食べたいですね。あまり知られてないところでは鹹湯圓なんていうのも朝ごはんの選択肢の1つ。湯圓というとスイーツをイメージしますが鹹湯圓は豚肉の餡が入った食事系の湯圓。これがまた美味しいのです。というわけで今回は台中第五市場にある湯圓のお店「味香湯圓之家」を紹介したいと思います。

味香湯圓之家

台中第五市場近くの湯圓専門店

ここは台中市の柳川近くの大明街。左手には忠孝國小という小学校。向こうに見える看板が連なっている建物が台中第五市場です。味香湯圓之家はその手前の建物て営業しています。

オープンして20年以上経っているということなのでまあまあ歴史のあるお店なのです。

こちらのお店ではオーダーシートで注文するのですが、オーダーシートは入り口ではなく店内の各テーブルに置いてあるのでそのまま中へ入りましょう。この辺の判断というか見極めが慣れてないと難しいんですよね。自分もいまだによく分かりません。

スチールのテーブルにプラスチックのイスといういかにも小吃店というスタイル。いい雰囲気を醸し出してます。



こちらがオーダーシートです。食べたいものにチェックを入れテーブル番号を書き込んで店員さんに渡しましょう。

もっちり柔らかい湯圓と豚肉餡が意外に合う!

もちろんおすすめの鮮肉湯圓と、もう一品綜合滷味を注文しました。

鮮肉湯圓50NTD)、綜合滷味45NTD

お箸、スプーン、調味料などはテーブルに用意されています。

鮮肉湯圓には湯圓の他もやしのトッピング。それに刻んだ野菜はセロリかな。

一口サイズの湯圓。とはいえけっこうボリュームあります。

湯圓の中には旨味たっぷりの豚肉餡! 湯圓っていうとスイーツのイメージがありますがこれが意外に合うんですよね。小籠包や餃子とも違う、かといってスイーツの湯圓ともちょっと食感が違うような気がしますね。もっとこう、何というか、とろーんとした柔らかさがあるんですよ。なので湯圓と豚肉の餡が分離せずに混然一体となって味わえます。

こちらは綜合滷味。つまり滷味の盛り合わせですね。滷味って1品ずつ頼むとすごい量になってしまうことがよくあるのですがこれは各品ちょっとずつで嬉しいですね。内容は海帶、豆干、豆包、滷蛋など。

朝ごはんに蛋餅やサンドイッチが飽きたときはちょっと趣向を変えてこういうチョイスはいかがでしょう? なかなか美味しいですよ。

店舗情報

住所 台中市西區大明街11之1號
営業時間
7:40~17:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク