ふるふる食感がたまらない台湾の定番スイーツ、台北のおすすめ豆花10選




台湾を代表する伝統的スイーツと言えば「豆花」ですね。豪快にフルーツをトッピングしたかき氷のような派手さはありませんが、その繊細で上品な美味しさは何度食べても飽きることがないので台湾に来る度についつい食べてしまいます。立派な店舗を構えるお店から小さな屋台まで台湾の街を歩くといくつもの豆花のお店を目にすることでしょう。あくまで豆花のシンプルさを追求したお店もあればバラエティ豊富なトッピングを揃えたお店もありそのスタイルもさまざまです。というわけで今回は台北で美味しい豆花が食べられるおすすめの10店を紹介したいと思います。

景美豆花


士林夜市や寧夏夜市に比べるとかなりローカル色の強い景美夜市で営業する「景美豆花」。夜市内ということありますがいつも多くのお客さんで賑わっている人気店です。いろんなトッピングを楽しみたいなら3種類選のトッピングが選べる「豆花加三樣」がおすすめ。店頭に花生(ピーナッツ)、粉粿、芋頭(タロイモ)団子、芋圓、タピオカ、湯圓などさまざまなトッピングが並んでいるので好きなものを選びましょう。

>>【景美豆花】地元密着型のローカル夜市「景美夜市」のおすすめ豆花

【店舗情報】
住所:台北市文山區景美街86號
営業時間:16:00~0:30
休日:

 

東門江記豆花


MRT東門駅近くの東門市場内にある豆花の専門店「東門江記豆花」。繁華街にある市場ということもあってかかなりの極狭スペースで営業しています。メニューは冰豆花(冷たい豆花)、熱豆花(温かい豆花)、冰豆漿(冷たい豆乳)の3種類のみ。豆花は花生(ピーナッツ)がトッピングされだけのシンプルな一品ですがきめ細かくとても滑らかな口当たりで絶品の美味しさです。

>>【東門江記豆花】東門市場で食べた豆花は滑らかな口当たりで絶品!

【店舗情報】
住所:台北市中正區金山南路一段142巷5號
営業時間:7:30~14:30
休日:月

 

龍潭豆花


MRT公館駅近く、公館夜市エリアにある豆花の専門店「龍潭豆花」。台北ではかなり名の知れた人気店です。メニューは「豆花」1本という潔さでトッピングは花生(ピーナッツ)のみ。「涼」と「冰」を選ぶことができ「冰」を選ぶと氷を入れてくれます。日本ではタピオカや芋圓がトッピングされた華やかな見た目の豆花がよく紹介されますがこういったシンプルに豆花の美味しさを味わうことがきるお店もおすすめです。

>>【龍潭豆花】メニューは「豆花」1つだけという潔さ、公館で食べた老舗の豆花

【店舗情報】
住所:台北市中正區汀州路三段239號
営業時間:火~木12:00〜22:00、金~日11:00〜22:00
休日:月

 

騷豆花


日本にも進出を果たした超人気店の「騷豆花」。店内のお客さんは日本人率高し。意外にありそうでないフルーツがトッピングされた豆花が売りで、ほとんどのお客さんが注文するマンゴーやスイカがトッピングされた豆花は見た目も鮮やかで味も最高。本店はかなり小さくて席数がわずかですがMRT忠孝復興駅近くにある2号店「騷豆花 越娘(敦南旗艦店)」は広々としているのでこちらもおすすめ。

>>【騷豆花】マンゴーやスイカなどフルーツと豆花の組み合わせが絶品!

【店舗情報】
住所:台北市大安區華聲里延吉街131巷26號1樓
営業時間:12:30~22:30
休日:日

 

庄頭豆花担


復興南路と敦化南路の間の市民大道添いにある淡いグリーンの外観が目を引く「庄頭豆花担」。こちらでは一般的な「白豆花」と黒豆から作られた「黑豆花」が選べるのが特徴。また「綜合豆花」を選ぶとトッピングが何種類でも好きなだけ選べるというのも面白い。あまり見かけることのない枸杞石花凍、南瓜泥、紫米といったトッピングもあるので選んでみるとよいですね。

>>【庄頭豆花担】トッピング選び放題のお店でヘルシーな黒豆花を食べてみた

【店舗情報】
住所:台北市松山區市民大道四段73號
営業時間:12:00~22:00
休日:

 

スポンサードリンク

阿鴻豆花


MRT中山國中駅近くにある豆花店「阿鴻豆花」。入り口のショーケースには花生(ピーナッツ)、芋圓(タロイモ団子・サツマイモ団子)、紅豆(あずき)、綠豆、薏仁(ハトムギ)、湯圓(白玉団子)など豆花ではお馴染みのトッピングがズラリ。「綜合豆花」を注文するとトッピングが2種類選べます。繊細で素朴な豆花ならではの優しい味わいと程よい甘さのシロップが絶妙の組み合わせです。

>>【阿鴻豆花】中山國中近くで食べた素朴で優しい甘さが美味しい豆花

【店舗情報】
住所:(錦州店)台北市大安區錦洲街451號
営業時間:11:30〜22:30
休日:日

 

杉味豆花


かつて延三夜市で営業していた豆花の名店「杉味豆花」。現在は寧夏夜市近くに移転して営業を続けています。もともと豆花の人気店が集中しいているエリアにわざわざ引っ越してくるとはいったい何を考えているのか、と思ってしまうのですが食べてみればそれが無謀な挑戦ではないことが分かるはず。豆花の味に対する自信の表れなのだということが想像できますね。

>>食レポ:【杉味豆花】延三夜市で食べた豆花はトッピングに負けない濃厚な味

【店舗情報】
住所:台北市大同區民生西路172號1樓
営業時間:15:00~1:30
休日:

 

豆花荘


寧夏夜市の入り口の向かいにある人気店「豆花莊」。1965年創業という50年以上の歴史を持つ老舗の豆花店です。もともと新荘鎮(現在の新北市新荘区)での屋台販売を続けた後現在の寧夏夜市エリアに移転して営業しています。昔から日本のメディアでも度々取り上げられているためよく知られた存在でもあります。長年地元の住民に親しまれている豆花は間違いのない美味しさです。

>>【豆花莊】長年地元の人々に愛されている寧夏夜市近くの豆花の名店

【店舗情報】
住所:台北市大同區寧夏路49號
営業時間:10:00~1:00
休日:

 

好奇營養豆花


MRT大直駅近くにある「好奇營養豆花」。ちょっと変わっているのは雞蛋布丁豆花、鮮奶布丁豆花、巧克力布丁豆花という3種類のプリン豆花。3つとも食べたいなら「三色布丁豆花」がおすすめ。またシロップの代わりに豆漿(豆乳)を使った「招牌布丁豆花」も面白いですね。夏には布丁豆花に西米露(ココナッツミルクにサゴヤシのタピオカを入れたもの)とカットマンゴーをトッピングした「芒果布丁豆花」が登場。

>>【好奇營養豆花】大直で食べたマンゴー豆花がとっても美味しかったので紹介

【店舗情報】
住所:台北市中山區北安路539-2號
営業時間:11:30~23:30
休日:

 

丁香豆花


雙城街夜市が開催される雙城街周辺の晴光市場で営業する「丁香豆花」。ここの豆花は2種類あって1つは一般的な「傳統豆花」、もう1つは店名にもなっている「丁香豆花(たまご豆花)」。黄色がかった色が特徴の「丁香豆花」はトロっとした食感で普通の豆花に比べてかなり滑らかな舌触り。またプリンのような卵の風味も印象的です。両方の豆花を食べ比べするのも面白いですね。

>>【丁香豆花】黄色い色とツルンとした滑らかな食感が印象的なたまご豆花

【店舗情報】
住所:台北市中山區雙城街12巷28號
営業時間:11:00~21:30
休日:

 

スポンサードリンク

おすすめグルメ記事
スポンサードリンク