甘辛ダレで焼いた香ばしい豚肉がたまらない高雄の焼肉飯 – 正宗周燒肉飯




高雄でよく見かける「燒肉飯」のお店。他の都市でもあることはありますがたぶん高雄ほどではないのでは? 高雄では特に目立つような気がします。日本人にとって焼肉と言えば牛肉というイメージですが台湾の「燒肉飯」は豚焼肉をご飯にのせた料理。昼、夜だけでなく朝ごはんにもよく食べられています。シンプルな料理ですが豚焼肉の香ばしい香りが食欲をそそるんですよねー。というわけで今回は高雄にある「燒肉飯」の人気店「正宗周燒肉飯」を紹介したいと思います。

正宗周燒肉飯

高雄市内に数店舗を展開する焼肉飯のお店

正宗周燒肉飯」は高雄に数店舗を展開する焼肉飯のお店。今回はMRT巨蛋駅から歩いて10分ほどの場所にある裕誠店に行ってみました。

すぐとなりには海產粥のお店があるのか、と思ったら・・・

海產粥のお店のメニューもこちらで注文できるみたいですね。

お店の入り口にオーダーシートがあるので1枚取って店内へ。

空いてる席に座ってオーダーシートを記入しましょう。

一応店内にもメニューが書かれていますよ。 
海產粥のメニューも。

焼肉飯は写真入りなので分かりやすいですね。ちなみに「便當」というのはお弁当のことではなくて一番右の写真のように小菜をいっしょに盛り付けた定食のようなメニューです。

イートインの場合は「內用」にチェック、「桌號」にテーブル番号、食べたいものにチェックを入れてカウンターに持って行きましょう。

燒肉飯、燒雞腿盤、魚皮味噌湯

注文したのは「燒肉飯」、それと「燒雞腿盤」「魚皮味噌湯」もいただきました。

燒肉飯・小40NTD)、燒雞腿盤80NTD)、魚皮味噌湯55NTD

箸やスプーンはテーブルに置いてあります。

スープで選んだのは「魚皮味噌湯」。魚皮とはいってもこんなに身がしっかり付いてるんですよ。

身はワサビ醤油に付けていただきます。これはこれでご飯が欲しくなる味ですねー。

小菜から「燒雞腿盤」を注文。焼肉飯・小サイズの2倍の値段(笑)です。

こんがりと香ばしく焼かれててウマい。やっぱりこれも白ご飯が欲しくなる・・・ 海產粥を注文したときはおかずによさそうですね。今度来たらそうしてみよう。

主役の「燒肉飯」。タレをつけて焼かれた豚焼肉のいい香りが漂ってきます。

お肉は食べやすいようにカットされています。これが香ばしくて美味しい。思ったほど味が濃くなくて意外にあっさりなのですがこのスモーキーな風味がたまりません。ご飯が進みますねー。食べる人なら大サイズでもいいかもしれませんね。

店舗情報

住所 高雄市左營區裕誠路213號
営業時間
11:00~21:00
休日
 

スポンサードリンク