炭火で焼いたお肉が香ばしい、永樂市場近くの焼肉飯を食べてみた – 永樂燒肉飯




数年前から人気の観光地として国内外からスポットを浴びている台南。特に永樂市場周辺は間違いなく人気観光スポットとして上位にランクされる場所でしょう。2017年7月に発売された日本の雑誌BRUTUSの表紙を飾った場所としても有名ですね。ここにはとにかく美味しいものが溢れています。牛肉湯、米糕、鱔魚意麵、碗粿などなど台南ならではの小吃をはじめ安くて美味しい台湾グルメが目白押しです。というわけで今回はここ永樂市場周辺エリアから美味しい焼肉飯が人気の「永樂燒肉飯」を紹介したいと思います。

永樂燒肉飯

永樂市場の斜向かいにある人気焼肉飯

台南の人気グルメスポット永樂市場の斜向かいにあるのが永樂燒肉飯。1995年オープンなので創業13、14年といったところ。それほど古くはない、特に台南であれば比較的新しいお店ですね。

燒肉飯って何なのか? その名の通り焼肉がのったご飯です。ただし使っているお肉は牛肉ではなく豚肉。つまり豚丼と思ってもらえば分かりやすいと思います。

メニューはとってもシンプル。ご飯ものは燒肉飯、爌肉飯、雞腿飯のみです。

オーダーシートは無いので口頭で注文します。

炭火で焼いたお肉が香ばしい

というわけで看板メニューの燒肉飯を注文しました。味噌湯とサラダはセットになっているので無料で付いてきます。

燒肉飯70NTD

「丼」を想像するとけっこうボリュームがありそうなイメージですが量は普通のお茶碗程度でほどほどのボリュームです。

豚肉の下にはメンマが敷いてあります。しっかり味付けされていて食感もシャキシャキとよい歯応え。

永樂燒肉飯の燒肉飯は豚ロースを炭火で焼いているので香ばしい香りが食欲を刺激します。お肉は柔らかくタレがしっかり染みていて美味しいです。

無料で付いてくるサラダ。キャベツ、キュウリ、コーン、ハム、玉子といういかにも食堂といった感じのサラダですね。

袋入りのマヨネーズがついています。これがまた微妙な色。

ずいぶんと赤身がかった色のマヨネーズですが、これが日本のマヨネーズに比べてすごく甘いが強いんですよね。

こちらも無料の味噌湯(味噌汁)。味は日本の味噌汁とそれほど変わりません。スプーンで飲むというのがいかにも台湾ですねー。

隣にある合豐排骨飯というお店もかなりの人気店なのでこの一角はいつも大勢のお客さんでいっぱい。向かいの永樂市場に負けない賑わいを見せていますよ。

店舗情報

住所 台南市中西區民族路三段16號
営業時間
10:00~21:00
休日


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク