行列必至! 40年以上の歴史を持つ西門町の老舗で食べた排骨飯 – 金滿園排骨




小籠包や牛肉麺の人気に隠れがちですが「排骨飯」も有名な台湾グルメの1つですね。日本でも「パイコー飯」とか「パーコー飯」などと呼ばれてそれなりに知られているのではないでしょうか。食べたことがある人なら分かると思いますがこれがかなり美味しい。薄い衣をつけてカラっと揚がった豚の骨付き肉はサックリと歯ざわりよくとってもジューシー。五香粉など台湾ならではの香辛料を使った味付けも病みつきになる美味しさです。というわけで今回は台北の西門町にある排骨飯の人気店「金滿園排骨」を紹介したいと思います。

※こちらの記事も合わせてどうぞ。

ジューシーな骨付き肉がたまらない! 台北のおすすめ排骨飯11選!

2019.10.20

金滿園排骨

西門町の路地裏にある排骨飯の老舗

西門町の路地裏にある排骨飯の人気店「金滿園排骨」にやって来ました。西門町には「金園排骨」という似たような名前の、同じく排骨飯の人気店があるのですが別のお店です。

見るからに年季の入った店舗ですが1973年創業、40年以上の歴史を持つ老舗です。

かなり知名度のあるお店なのでご覧のように食事時には行列ができます。ということで並んでいたのですが・・・ どうもイートインなら店内に入って行ってOKみたいです。台湾ではよくあるのですが、これ、知らないとどうしても並んでしまいますよね・・・

キッチンに山積みされた排骨。どんどんお客さんの元へ運ばれていきます。

店員さんに案内されて店内の空いてる席に座ります。店内もお客さんでいっぱいですねー。

こちらのお店ではオーダーシートで注文します。店員さんが渡してくれるのですが、なぜかこのときは忘れられていたのかくれませんでした(笑)。で、オーダーシートがあることを知らなかったので口頭で注文してしまいました。というわけで、もし貰えなかったら店員さんに声をかけてみましょう。

サクッと歯触りがよく味付けも最高!

注文したのはもちろん「排骨飯」。ご飯が麺が選べますがこのときはご飯にしました。

排骨飯120NTD

スープが無料で付いてきます。セルフサービスではなく店員さんが持ってきてくれますよ。

テーブルには調味料があるのでお好みで。

金滿園排骨」の「排骨飯」はご飯と排骨が別々に盛られています。ご飯にはもやしや青菜など付け合わせされているのですが、付け合わせというにはけっこう量が多いですね。

こんがりといい色に揚がった排骨。スパイスのいい香りが漂ってきて食欲がそそられますねー。

カラっと揚がった大きな排骨はサクサクと歯ざわりがよくとってもジューシー。まさに排骨飯のお手本といった感じ。それにスパイスの効いた絶妙の味付けは間違いなくご飯が欲しくなる味ですよ~。人気があるのも納得、並んででも食べる価値のある美味しい排骨飯ですねー。

店舗情報

住所 台北市萬華區武昌街二段82巷3弄1號
営業時間
11:00~21:00
休日

スポンサードリンク