まるでポークソテーのような肉肉しい排骨飯を食べてみた – 武昌排骨大王




魯肉飯や牛肉麺の影に隠れがちであまりスポットが当たりませんが「排骨飯」も美味しいですね。日本でもパイコー飯、パーコー飯などと呼ばれて食べることができるお店もありますがやっぱり本場台湾で食べてみたいものです。薄い衣でカリっと揚げられた豚の骨付き肉は柔らかくてとってもジューシー。そして何と言っても五香粉などのスパイスを使った味付けがたまらない美味しさで病みつきになること間違いなしです。というわけで今回は台北の東区にある排骨飯のお店「武昌排骨大王」を紹介したいと思います。

武昌排骨大王

東区の路地裏にある小さな排骨飯のお店

武昌排骨大王」は台北の東区(正式には東区という地名はない)の路地裏にある小さな排骨飯のお店。最寄り駅はMRTの忠孝敦化または國父紀念館でどちらからも歩いて10分弱ほどの場所にお店があります。

いかにも台湾の小吃店らしい雰囲気の店内。街は都会ですがこういった雰囲気のお店もけっこうあります。なんだかホットしますね。

排骨飯の他にも雞腿飯、魚排飯などもあります。またご飯を麺にすることも可能です。オーダーシートはないので店員さんに口頭で注文しましょう。

排骨飯にはスープが付いていてセルフサービスになってますよ。

まるでポークソテーのような排骨

注文したのはもちろん排骨飯です。スープは自分で注いで用意します。

排骨飯100NTD

箸やスプーン、調味料はテーブルに置いてあります。

武昌排骨大王」の排骨飯はお皿を分けずにご飯の上にお肉をのせた丼のようなスタイル。こちらの排骨はタレを染み込ませたお肉を衣をつけずに揚げているのが特徴で一見するとポークソテーのような見た目なのが特徴。お肉の下にはキャベツ、豆干、魯肉などもトッピングされています。

これがしかし食べると味はまぎれもなく台湾の排骨。やや集めのお肉は歯応えがあって噛みしめると旨味が溢れてきます。個人的にはどちらかというと衣をつけてカリっと揚げている排骨が好きなのですがこれもなかなか美味しいですねー。

雞腿飯やスープ類も美味しそうだったので今度来たら食べてみたいと思います。東区という場所にあって安くて美味しい排骨飯が食べられるおすすめのお店ですよ。

店舗情報

住所 台北市大安區仁愛路四段345巷15弄12號
営業時間
10:30~14:00、17:00~20:00
休日
 


おトクなセール情報


おすすめ記事

スポンサードリンク